2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« おかしなことにはおかしいと言おう。 | トップページ

歌舞伎町のルサンチマン

 東京都立中央図書館の企画展示「驚きの発見~図書館で見つけたこれも本なの~」を見学してきた。折本や巻子本、変形本に面白い付録という展示内容なんだろうなあと思っていたがまあその通りだった。しかしまず最初に目に入った『日清食品50年史』…興味のある方はググってみてね、吃驚するから…に興味津々。司書のお姉さんにいろいろ質問してしまった。

 会場内には折本、巻子本などがいろいろあるのだが特に珍しくはない。まあそんなもんだろうなあ、と多寡を括って会場をうろうろしているうちに『新宿盛り場地図』(新宿区立歴史博物館, 2005)が目にとまった。おおこれは面白い!明治〜大正〜昭和の新宿界隈の写真が掲載されているなかに中村屋の写真があった。瓦屋根の二階建て、まるで高級料亭のような佇まい。これが高級インドカリーの中村屋、亡命してきたラース・ビハリ・ボースが厨房でスパイスを調合してたのかね。

 次に出くわしたのが『東京中央電話局電話番号簿』(東京中央電話局, 1910)。これが面白い!例えば陸軍の軍医をお勤めになられていた森林太郎さん(職業:官吏)の電話番号は下谷九四六番。法制局参事官であられた柳田國男さん(職業:官吏)の電話番号は番町一〇番。小説家・夏目金之助さんの名前は見当たらなかったが、夏目さんが「彼と時を同じうして生きている我々は大変な仕合せである」と書いた三代目柳家小さん師匠(職業:落語家)の電話番号は下谷一九五四番。

 それから面白かったのが調査報告書のあれこれ。『世帯主こづかい実態調査』(国民生活センター, 1987)、『芸能人の生活と意識 芸能人実態調査報告書』(日本芸能実演家団体協議会, 1974)、『酒に関する意識調査』(日本経済新聞企画調査部, 1977)…なんでこんな調査を???というものも散見される。その中で面白かったのが『歌舞伎町実態調査報告書』(歌舞伎町商店街振興組合, 1973)。歌舞伎町のさまざまな調査が書かれていて面白そう。借りて読みたい本である。

 その中に歌舞伎町の将来について頁を割いた箇所があった。一読したがこれが面白い。真面目な文章なんですけどね。思い切り要約すると「歌舞伎町は銀座や浅草に比べて歴史も浅く格下である、例えば銀座は金持ちや気取った人たちの街であり郊外で歴史の浅い新宿歌舞伎町は銀座をモデルにする必要はない、歌舞伎町は何でも気安い安上がりな娯楽の街、サラリーマンが仕事帰りにふらっと立ち寄って楽しめる街なんだからよお、ケッ、ざけんなよバーロー!」と、まるで往年の昭和軽薄体の騎手だった椎名誠みたいだけど、まあそういう主旨のことが真面目な文体で書かれているのです。真面目な報告書の行間から抑え切れないルサンチマンが…会場で立ち読みし乍ら笑いをこらえるのに苦労しました。これ借りて読みたい!

« おかしなことにはおかしいと言おう。 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155421/57210386

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎町のルサンチマン:

« おかしなことにはおかしいと言おう。 | トップページ