2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 深い言葉 | トップページ | 貧乏人の経済学 »

啖呵

吉原幸子『啖呵』......これが欲しいが/あれをえらぶ/そんな いい加減のものぢゃない/もっときびしい 地獄なんだ/抱くことが 答へではなくなるやうな/みてごらん/地獄なんだよ えらんだものが/メスだからね 二つのメス/メスは メスを 切れないからね/金属の音がするだけ/金属のなみだが 流れるだけさ/甘ったれるんぢゃない/酔ふんぢゃない/ひとの傷口に 薬を塗るんぢゃない/〈みんなの孤独〉なんて なれ合ひさ/あへぐ鼻孔に 唇をあてて/病気を啜りだすことができてさへ/この傷は なほせない/じぶんで メスになって 切りひらいて/ひとりひとりの 地獄があるだけさ......ときどき本棚から吉原幸子の詩集を取り出して『啖呵』を読む。読むたびに心がひりひりする。

« 深い言葉 | トップページ | 貧乏人の経済学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 啖呵:

« 深い言葉 | トップページ | 貧乏人の経済学 »