2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 談志が死んだ | トップページ | 訃報2題 »

長野電鉄屋代線を行く

長野県には長野電鉄、上田交通、アルピコ交通、しなの鉄道、と民間鉄道会社が4社(いずれも株式会社)ある。長野電鉄は長野線(長野ー湯田中)、屋代線(屋代ー須坂)、上田交通は上田市にあり、上田と別所温泉を結ぶ単線運行、アルピコ交通は松本交通から社名変更され、松本から新島々を結んでいる。しなの鉄道(軽井沢ー篠ノ井)はかつてのJR信越本線だったのだが、長野新幹線開通によりJRから経営が移管されて誕生した。篠ノ井からはJR長野駅に乗り入れており、実質的に長野ー軽井沢往復運行となっている。

今回は長野に出かける用があったので、ついでに長野電鉄屋代線に乗りに行ってきた。実は来年の3月を以て屋代線は廃線となってしまうのである。屋代線はしなの鉄道屋代駅の構内にホームがある。ここから乗るのもいいのだが旅の都合上、長野線で須坂まで行き、須坂から屋代へ向うことにした。

長野線長野駅はJR長野駅前の地下にある。地下鉄っぽくてかっこいい。
Dsc_0595


実際長野から善光寺下までは地下鉄でそこから地上に出る。長野線にも桐原、朝陽、柳原、村山と素晴らしい木造駅舎が点在しているが、今回は屋代線に乗るのが目的なので今回はパス。須坂で屋代線に乗り換える。屋代線ホームにはカメラを提げた鉄道ファンがちらほら、まあ私もその一人だが。

須坂を出て井上を過ぎてまずは最初の目的地・綿内で降りる。ここも歴史を感じさせる木造駅舎なのだ。ほぼ一時間おきに列車が通る無人駅なのでひっそり閑としている。そもそも屋代線は屋代と須坂、松代以外はすべて無人駅だ。
Dsc_0620

Dsc_0623


暫く滞在してから屋代行きに乗って信濃川田駅で降りる。ここも歴史を感じさせる木造駅舎だ。線路の向こうに紅葉した山々が見える。
Dsc_0659

Dsc_0681


日が傾いてきて寒さが厳しくなってきた。ここで撮影を終えて暫くぼんやりとしていると、屋代方面から列車がやってきた。時刻表ではこの時間に運行はないので回送列車だろうか、と思って眺めていたら、なんと成田エクスプレスがやってきた!と言ってもこれは元成田エクスプレスの特急2100系で、長野電鉄では「スノーモンキー」という名前の特急車輛として親しまれている。長野線を走っているスノーモンキーが、なんで屋代線を走っているのかと思ったが、どうやらイベント運行のようであった。
Dsc_0686

Dsc_0687


すっかり日が傾いた頃に松代駅に到着。やはり駅員がいる駅は暖かみが違う。駅が生きている。
Dsc_0695

Dsc_0706


しかもここにあるものは駅舎も含めて悉く日本の鉄道遺産だ。正式には何と言うのか、硬券切符を指してある棚も、かつては日本中の駅員が改札でカチカチやっていた改札鋏も現役だ。
Dsc_0715


屋代行き列車の到着時間が迫ってきた。乗客がぞろぞろ(そんなにいないがw)ホームに集まっていると、駅舎から駅長さんが出てきて叫んだ。「すいませーん、屋代行きが15分ほど遅れてまーす。申し訳ありませーん」構内放送じゃないところがなんとも楽しいというかなんというかww
Dsc_0714


今回は時間が足りず昼間の松代駅やその他鉄道施設を堪能できなかった。また年末年始に訪れることにしようと思っている。
Dsc_0615

« 談志が死んだ | トップページ | 訃報2題 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

屋代線が廃線だなんて、初めて知っちゃったわcoldsweats02
乗った事無いから今度経験しに行こうかしらsmilesweat01

そうなんだよ、来年の3月でおしまいだよ。
息子と乗りに行ったらどう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155421/53402573

この記事へのトラックバック一覧です: 長野電鉄屋代線を行く:

« 談志が死んだ | トップページ | 訃報2題 »