2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 野菜を食べよう | トップページ | 検診と図書館総合展の日 »

鉛色の海

朝食。イギリスパン2枚。ジャムとマーガリン少々。オニオンスープ。牛乳200ml。バナナ(100g)。
昼食。ごはん。さつま揚げ。魚肉ソーセージ1本。アスパラガス。ホウレン草。プチトマト2個。ひじき。
夕食。ごはん。サバ缶詰(水煮)半分。さつま揚げ1枚。隠元豆とコンニャク、キノコ煮物。アスパラガス。ホウレン草。


本を読んでいるうちに自殺のことが気になって、徒然なるままに日本の自殺者数の統計を調べてみた。ソースは『平成21年地域における自殺の基礎資料(内閣府自殺対策推進室)』の「都道府県・政令指定都市別単純集計(居住地)」である。

自殺者数最多は東京都の2,995人、次いで大阪府2,103人、神奈川県1,914人と続く。それぞれ人口の多い都道府県でありなんとなく納得、という結果だ。次にこれを自殺率でみるとこうなる。

まずトップは秋田県の37.7%、続いて青森県37.5%、岩手県36.1%、高知県32.3%、新潟県31.0%…秋田、青森、岩手、新潟と冬が長く厳しい地域が目立つ。特に秋田と新潟は日本海側なので、冬は殆ど太陽が出ないという陰鬱な気候も影響しているのだろうか。青森も南部以外は日本海側の気候だ。

こんどは政令指定都市でみると、自殺者数トップはここでも東京都2,075人、続いて大阪府728人、横浜市735人、名古屋市546人、札幌市486人…やはり人口が多い都市は自殺者も多い。これが自殺率になるとこういう結果になる。トップが新潟市で30.9%、続いて仙台市29.3%、大阪府28.8%、北九州市28.6%、、福岡市26.2%…新潟、北九州、福岡は日本海側の都市。やっぱり長く陰鬱な冬は自殺を誘発するのだろうか。

逆に自殺者数が少ない都道府県はというと、最小の鳥取県157人を筆頭に、徳島県175人、福井県198人と続く。年間自殺者数が200人を下回っているのはこの3県だけだ。また自殺率となると、トップが奈良県20.4%で、次いで滋賀県と香川県が21.2%、石川県21.3%となり、いずれも西日本。やは西日本よりも東日本が、しかも太平洋側よりも日本海側が、自殺者が多くなる傾向にあると言える。

自殺率全国第5位は新潟県、自殺率トップの政令指定都市は新潟市…おお、わが故郷は日本で自殺率が最も高い地域だったのか。そんなに死んでいるかなあ…確かに鉛色の空と海、白い吹雪と波の飛沫がコントラストを為す冬の日本海を見ていると死にたくなるけどねえ、この不況も影響しているのだろうが、やはり長く暗い冬は人の心を蝕むのだろう。ああそういえば…曾野綾子の『長い暗い冬』という短編小説があった。筒井康隆が絶賛していた恐怖小説の傑作。恐怖というよりは残酷と言った方がいいかな。ともかく救いの無い寒気のする作品だった。

« 野菜を食べよう | トップページ | 検診と図書館総合展の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155421/53189290

この記事へのトラックバック一覧です: 鉛色の海:

« 野菜を食べよう | トップページ | 検診と図書館総合展の日 »