2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« カッコいい男 | トップページ | 退院の記 »

石巻へ

お盆休みに帰省する途中で東北を経巡ってきた。今回行ってみたかったのは石巻。昨年の夏に訪れて名物焼きそばを食べた街。しかし3月11日の地震と津波で大きな被害を受けてしまう。別に石巻に深い思い入れがあるわけではないが、少しでも被災地に行ってささやかな買い物でもしたいと思ったのだ。

仙台から東北本線に乗り換えて小牛田へ向う。ここから石巻線で石巻に向うのだ。仙台からは仙石線で行った方が近いし本数も多いのだが、野蒜、東名の辺りが甚大な津波被害で線路も駅舎も破壊され不通になっている。代行バスが走っているのだがひとまず小牛田経由で石巻に向うことにした。
Dsc_0862


広大な駅構内には東北色のキハ48系がたくさん留置されている。
Dsc_0834


入線してきたキハ48系はそのまま折り返し石巻行きとなる。残念乍ら終着駅の女川が壊滅しているため石巻止まり。
Dsc_0848

Dsc_0850


石巻商業高校の野球部員たちが大挙して乗ってきた。屈託なく節度を保って賑やかに騒いでいる。この子たちの多くも、16〜17歳で家族や友人知人を失う経験をしたのだろう。屈託なく騒いでいいのだぞ。

暑い夏の陽射しが降り注ぐ。稲穂はやや黄色に色づいている。この辺は津波の被害はなかったのだろうか? 小牛田から上涌谷→涌谷→前谷地→佳景山→鹿又→曽波神を経て石巻に到着。記録によれば鹿又、曽波神辺りまで津波が遡上したようだが、現在はその痕跡は車上からは認めることができなかった。

石巻駅を降りて駅前の食堂で遅い昼餉をいただく。ささやかな復興支援。駅前からは地震と津波災害の痕跡は伺うことができない。だいぶ片付いているのだろうが河口はどうなっているのだろうか。とぼとぼと商店街を歩く。

河口の金属製の杭がこんなにへしゃげている。
Dsc_0872


川岸の家々の惨状。
Dsc_0894

Dsc_0895


石ノ森章太郎マンガ館も大きな被害を受けた。
Dsc_0871


河口の建物も廃墟に…
Dsc_0875

今日も穏やかにたゆたっている海が、あの日、牙を剥いて襲いかかってきたのだ。

« カッコいい男 | トップページ | 退院の記 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155421/52529386

この記事へのトラックバック一覧です: 石巻へ:

« カッコいい男 | トップページ | 退院の記 »