2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« Stationery's life | トップページ | そこには誰もいない »

茉莉花革命

エジプトを始めとする中東諸国の民主化を求める大衆運動にならい、今日、中国でも「茉莉花(ジャスミン)革命」という行動が予定され、13の都市で一党独裁反対などを叫ぼうとインターネットで呼びかけられていた。

中国当局は同時進行で、名前が挙がった13都市の場所に、公安や私服警官を多数配置して厳戒態勢を敷いた。今日の午後2時(日本時間3時)にはどうなるのかなあ、と思って、ラジオを聞きながらネットを逍遥していたが、検索サイトがガンガン遮断されていた。まあ不発に終わるだろうと思ってはいたが、それでも上海では学生が4名身柄を拘束されたようだ。夕方になってから、ツイッターでいろいろと情報が入ってきたが、今のところ死傷者はいないようである。これはこれでよかった。

胡錦濤総書記は「よりいっそうインターネット管理を強化すべし」という揺るぎない決意を表明した。中国政府は、ここ最近のエジプト、チュニジアなど中東諸国の民主化運動に注視しており、国内では(公には)これらの事実は報道されていない。人権や民主という高度なスローガンよりも、仕事くれ、メシ食わせろ、汚職を無くせ、打倒腐敗官僚という民衆運動につながることを最も警戒している。

中国共産党が崩壊したとしても、四千年の官僚主義が崩壊しない限り、あまり現状は変わらないと思うのだが…それよりも無政府状態になるほうがもっと危うい気がするのだが…それは結局私が外国人だから言えることかもしれないね。

« Stationery's life | トップページ | そこには誰もいない »

中華世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茉莉花革命:

« Stationery's life | トップページ | そこには誰もいない »