2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 雨が空から降れば… | トップページ | 暑い… »

贔屓の引き倒し?

本を読んで「相対主義とは、絶対的価値基準を認めない。即ちあらゆるモノは等価であり、偉大なモノ、高貴なモノ、凡庸なモノ、それらはすべてない」というメモをしたのだが、肝心の書名をメモし忘れたので出典がわからない。

ま、そんなことはさておき…大相撲が野球賭博で大揺れだが、誤解を恐れずに言えばそんなことはどうでもいいのである。そもそも相撲界とは異界であり、一般社会とは隔絶されたところ。人間離れした膂力を有する類い稀なる巨人たちが、土俵の上で神に奉納する戦いを繰り広げる神事であり藝能なのである。一般社会の物差しで計るべきものではない。真剣勝負だとか正々堂々という「一般的な」要求を突きつけてはいけないのである。

相撲は言ってみればプロレスと大差ない藝能なわけで、さらに言えばいつの間にかテレビ画面から消えてしまった小人プロレスと表裏一体、というか同じものである。もし小人プロレスが差別的で公序良俗に反するならば、巨人の角力取りも差別的で公序良俗に反するものだろう。相撲が国技というのは実はとても根拠薄弱であり、いつの間にか「そういうことになっている」のだ。

プロレスもジャイアント馬場、アントニオ猪木という2大カリスマを頂点とする、全日本プロレスと新日本プロレス(国際プロレスもあったか)の抗争という、わかりやすい構図だった頃はよかったが、藝能に堕したと叛旗を翻したUWFの旗揚げによりふたたびカルトでマニアックなものになっていった。

かつてゴールデンタイムに放映されていたプロレス中継が、いつの間にか深夜枠やケーブルテレビにその座を移し、ひたすらマニアックな藝能に変貌していったように、NHKの大相撲中継だってBS放送だけで放映したっていいのである。相撲は断じてスポーツではなく藝能。小沢昭一ではないが河原乞食に等しいものなのである。

大相撲も、良識ある人々が満足して観られる正々堂々の勝負を行う団体と、良識ある人々は眉を顰めるものの、相撲界のすべてをひっくるめて楽しめる「ごっつぁん体質」が横溢した団体の2つがあればいいのかもしれない。公序良俗に反した一点の曇りもない相撲だけを観たい人もこれなら満足だと思う。

いや、そんなことではイカン、大相撲とはかくあるべきだ、などと言う輩もいる筈だが、それはもう贔屓のくせに生意気である、と言われて然るべきであろう。もともと贔屓がいて大相撲があるのではなく、大相撲があるから贔屓がいるのである。そもそも藝能神事なのだから、贔屓なんぞがとやかくいうべきものではない。

とはいうものの、大相撲の将来はどうなるんでしょう。なんだかちんまりとまとまった大相撲って、あまり観たくないなあ(苦笑)

« 雨が空から降れば… | トップページ | 暑い… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155421/48788340

この記事へのトラックバック一覧です: 贔屓の引き倒し?:

« 雨が空から降れば… | トップページ | 暑い… »