2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 21年前 | トップページ | 4年に1度のサポーター(笑) »

オウンゴールはヤメてね

鳩山政権がこれだけ脆弱だとは思わなかった。首相が鳩山由紀夫で、幹事長、というか“黒幕”が小沢一郎という時点で、こりゃダメだ、長いことはないだろうと思っていたが…沖縄の基地問題といえば、大田昌秀元沖縄県知事の、あの底知れぬ迫力を思い出す。最果ての地からヤマトの首相に対して軍用地代理署名拒否という態度を示し、当時の橋本龍太郎首相と対峙したあの迫力は、今思えば相当のものであった。当時は橋本龍太郎もマンガチックな印象であったが、現在の鳩山由紀夫ら一連の政治家に比べたら、ずっとまともな面構えをしていたように思う。

で、鳩山由紀夫は、最後の最後に小沢“黒幕”一郎を道連れにするという手柄(?)を立てて退陣し、菅直人が新首相に就任することになった。新聞報道によれば菅直人新首相は実に16年ぶりに登場した非世襲の首相ということになるそうだ。この場合の非世襲とは、親が国会議員というだけでなく、親族にも議員(国会、県、市町村議会)がいない…つまり誰かの選挙基盤を引き継いでいないということ。

さて16年前の非世襲の首相は誰だったかというと、あの村山富市首相であった。思いもかけぬ政変から首相に任命されたものの、万年野党から一転して与党の領袖になったための心労に加え、阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件という天変地異の試練を受け、ずいぶん大変だったと思う。今じゃ地元の爺様としてホントに普通に暮らしているそうである。

菅直人も市民運動からスタートして宰相になったということで、“庶民派の星的扱い”を受けているような気がする。でも菅直人が庶民派であるとしても、国家元首が庶民派でホントにいいんだろうか? かつて田中角栄が庶民派として国民の支持を受けたが、結局土建屋政治を日本に蔓延させた元凶という扱いだ。沖縄返還を成し遂げた佐藤栄作を意識したのか、日中国交回復の立役者として名を馳せたものの、ロッキード事件(アメリカ謀略説もあるが真相は不明)で政治生命を断たれてしまった。

菅直人も首相になったら、時には国民に嫌われるくらいの政治家にならねばダメでしょう。例えば増税を断行しても、その税金が、例えば福祉や教育最優先に確実に還元されるのであれば国民も納得する。願わくは短命内閣に終わることなく、地道に時に大胆に今後数年の日本政治をリードしてほしいものである。何しろサッカーの監督じゃあるまいし、短期間でコロコロと一国の首相が交替する事態に、国民は呆れるどころかもう絶望寸前なのである。

私は、首相の責務とはその国の国益を最優先に守ること、だと思っている。日本国民が、自国の国益よりも世界平和や地球環境を最優先することを望む、というならともかく、自国と他国のバランスを取りつつその国の平和や環境を維持しなければならない。まあ、こういうご時勢だから世界平和や地球環境を守ることも大切だけど、まずは自国の安定ありきだからね。さて菅直人首相、どうなりますやら。

« 21年前 | トップページ | 4年に1度のサポーター(笑) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

北朝鮮工作員シンガンスの釈放署名した男が総理なんて。

では、菅直人の自爆劇場をごらんください。
http://www.youtube.com/watch?v=Pe4RmyRX1YI

あはは、菅直人見苦しいですね。
旧社会党系の最大の苦悩は、かつて北朝鮮を支持していたこと。まさか今頃こんなことになるとは…オレだって怪しいと思ってたんだよ!とでも言いたいのでしょう(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155421/48556152

この記事へのトラックバック一覧です: オウンゴールはヤメてね:

« 21年前 | トップページ | 4年に1度のサポーター(笑) »