2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 武蔵小杉から武蔵小杉へ | トップページ | 桜の花の満開の下 »

円楽襲名披露興行

演藝研究会会長と末広亭前で落ち合うために新宿へ向かう。

どうせ並んでいるんだろうな、と思い乍ら行ったのだが、案の定長蛇の列。最後尾は末広通裏の喫茶『楽屋』の前で、ざっと人数を数えたら午後3時半の時点で約250人。こりゃ入れないな(苦笑)入れないことはないがずっと立ち見覚悟となる。後から来た会長と「立ち見はキツいね」ということになり、すぐに立ち飲み屋に行くことにした。

立ち飲み屋で行列を横目に焼きトンを齧って昼酒。延々と図書館問題を議論しつつビールと焼酎を飲む。やっぱり立ち見より立ち飲み(笑)

その後蕎麦屋に移動して蕎麦を手繰り、ビヤホール『ライオン』の上にある居酒屋で長崎の酒肴を楽しみつつ、図書館問題を延々と議論。

夜の9時過ぎ、会長に「iPodとは何か?」という説明をしている間、末広亭では六代名三遊亭円楽の高座が同時進行していたのだった。

« 武蔵小杉から武蔵小杉へ | トップページ | 桜の花の満開の下 »

落語・演藝」カテゴリの記事

コメント

立ち見にひよって立ち飲み屋へ!
我々は、どーやら怪しい「演芸研究会」ですな。
楽さん、ごめんね。今度はちゃんと見ますから。

昼間から末広通で昼酒(笑)あやしい演藝研究会ですな。
歌丸師匠や『笑点』メンバーの口上を聴きたかったですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円楽襲名披露興行:

« 武蔵小杉から武蔵小杉へ | トップページ | 桜の花の満開の下 »