2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

牛肉麺

臺灣でよく食べるのが牛肉麺(ニゥロゥミェン)。手軽で美味しいし食堂でも屋台でも食べられる。
Dsc07531


基本的要素であるところの麺、スープ、牛肉それぞれがちゃんとしていればいいのだが、面白いのはそれぞれがちゃんとしていても、組み合わせの妙で微妙に変わることがある。スープと牛肉は美味しいのだが麺がいまいちボソボソで…とかコシのあるいい麺なのにスープがねえ…とか。

これは宜蘭の街で食べた。麺、スープ、牛肉がみごとなハーモニーを響かせる名品。付け合わせの辣椒醤と生ニンニクが嬉しい。
Dsc07146

Dsc07145


続いて蘇澳の街で食べた牛肉麺。ちょっと薄味のスープと上品な味の牛肉片が良かった。
Dsc07076


最後は臺北の裏町で食べた四川牛肉麺。見た目のとおりスープが真っ赤。ひどく辛いのだがちゃんと美味しいところがまた凄い。臺灣の裏町で汗かきかき食べる牛肉麺は美味しい。
Dsc07533


おまけは臺灣名物・臭豆腐(チョウトウフ)…この臭いは好きな人にはたまらない。油で揚げると臭いは軽減されるが馴れると美味しい臭豆腐。
Dsc07544

脇役のような主役のような

南田洋子死去。享年76。

私の南田洋子映画ベスト3は、1位が『幕末太陽伝』、2位が『競輪上人行状記』、3位が『盗まれた欲情』、次点が『続拝啓天皇陛下様』ですね。

1位(川島雄三監督の傑作)ではフランキー堺や左幸子と絶妙のからみ、2位(小沢昭一主演の隠れた傑作)で見せた恐ろしい女の二面性、3位(長門裕之との共演というか今村昌平監督デビュー作というか)での活き活きとした演技が好きです。次点は小沢昭一と中国人夫婦をポコペン言葉で熱演。

温泉は世界だ

ふと思い立って列車に乗って蘇澳から礁渓に行ってみた。礁渓は温泉街として有名でご覧の通り温泉旅館だらけの街。
Dsc06923


温泉といえば日本、ということなのか日本の地名を冠した旅館が目立つ。まずは福岡
Dsc06946


長崎
Dsc06936


山口
Dsc06943


東京
Dsc06938


イタリア 
Dsc06939


トロント
Dsc06947


銀座…これは食堂。後に見えるはラブホテルらしい。
Dsc06944


福岡がやたらと目立つのだがこれはチェーン店らしい。躍進する福岡グループ。
Dsc06948


私はとりあえず足湯に浸かって礁渓を後にしました。
Dsc06953

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »