2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« アジワン in 臺灣 2009 | トップページ | 臺鐵林口線に乗りに行く »

雨の臺北

桃園国際空港から臺北市内へ。今回は最初に臺北市内に二泊するので國光客運の長距離バスで市内へ向かう。颱風の影響で雨が降っているがホテルに荷物を放り込んで市内を散策。小腹が空いたのでウロウロしていたら晴光市場という小さなアーケード街の中に油飯(おこわ)の屋台があった。早速ここで油飯と花枝羹(イカ団子スープ)を食べる。美味しい(笑)

Dsc06427

Dsc06426


臺北捷運(MRT:Mass Rapid Train)の民権西路車站(駅)から臺北車站へ向かい駅周辺を散策。広い臺北車站の二階部分は微風臺北車站食尚中心という巨大なフードコート。ここで臺灣の腕自慢料理人たちが店を出してその味を競っている一画があり辣牛肉麺を食べてみた。まあ味はそれなり…かな。

Dsc06435

Dsc06436


8時頃にホテルに戻りシャワーを浴びてテレビを観る。颱風「莫拉克(Morakot)」が臺灣南部に驚異的な集中豪雨をもたらし各地で水害や土石流災害が発生している。毎年の夏には颱風が何処かで水害をもたらしているのだが今回はかなり深刻だ。一日で1000㎜近い雨が降るとは…毎年街が水浸しになったり屋根に非難したりしている映像を観ているが、そのうち臺東の知本温泉が映し出された。金帥大飯店という6階建てのビルが河の中に倒れて行く映像が何度も流される。

Dsc06422


おや、ここは一昨年に朋友の車で通過したところじゃないか。それにしても河沿いに建っているとはいえ6階建てのホテルが土台から傾いて倒れ込んでいく様の凄さ。これはひどい。さらに高雄縣の山間の村がまるごと土砂に埋もれ村人600余人が生き埋めか?という衝撃的な報道が…今回は南東部には行かないのだがそれにしても臺東の朋友はだいじょうぶだろうか? 昨年南投縣に連れていってくれた朋友の実家はだいじょうぶなのだろうか? 

Dsc06421


映像は次々と濁流に流される建物を映し出す。南東部は颱風の度に豪雨で水害に遭う地域なのだけどねえ。案の定、政府や行政の対応の遅れを非難する声がテレビの画面から聞こえてくる。臺灣はチャンネル数が100以上あり、ニュースチャンネルだけでも30近くあるから報道合戦が凄い。だいたい同じような映像なのだがこれでもかとばかりに深刻な被害状況や民衆の怨嗟の声を報道する。

もともと政府への非難ということでは遠慮がないお国柄、こんなに被害が拡大しているのに政府は何をやってるんだ! 家族も家も失ってしまった、オレはコレからどうすりゃいいんだ! 父さん母さんが濁流に流されてしまったの…まだ見つからない、どうしよう! いやあこんなにひでえ洪水は初めてだよ、何しろあっという間に村が水浸しだからな…とかなんとか。政府への非難から悲痛な叫びからボヤキから、どのチャンネルからも倒れるホテルの映像や雨にずぶ濡れになった被災者の姿。こりゃ馬英九政権は大変だナ。

「莫拉克(Morakot)」というのはタイ語でエメラルドを意味する言葉だそうだが、いやはやなんとも罪なエメラルドである。

Dsc06469

« アジワン in 臺灣 2009 | トップページ | 臺鐵林口線に乗りに行く »

中華世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の臺北:

« アジワン in 臺灣 2009 | トップページ | 臺鐵林口線に乗りに行く »