2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 北越急行 | トップページ | 小説の楽しさ »

飯山線のふたり

ほくほく大島を後にして十日町でJR飯山線に乗り換える。
Dsc06083


最初はJR六日町で上越線に乗り換えて長岡に出ようと思っていたのだが、ふと思いついて時刻表を調べてみたら飯山線で越後川口まで行きそこで本来乗る予定だった上越線に乗ることができる。飯山線も私が好きな路線なので急遽予定を変更。十日町で飯山線に乗り換えてキハ110系に乗り込んだら、ロングシートの向かい側に地元の高校生の男子と女子がふたり、ちょっと間を空けて座っていた。
Dsc06086


ふたりとも美男美女と言ってもいいだろう。そしてホームには友だちらしき女子が数人キャアキャア騒いでいる。どうもこの子たちは同級生で男子と女子は越後川口方面へ、ホームで騒いでいる女子たちは津南方面へ帰るらしい。で、ホームの女子たちはふたりで列車に乗ったカップル(?)を「あのふたり、あやしぐねえ? つぎ合ってるんでねえか? キャアキャア」とはやしているらしい。で、こっちの女の子は「ちょっとやだオレー、ちゃんと説明してよー」と困った顔で男子に言っている。男子はちょっとテレながら「んでも別に誤解されることねえろー、オレなんもしてねえし…」とまんざらでもない様子。
Dsc06087


この光景を眺め乍らかつて高校生だったオジサンは(オレが高校生の頃は女の子とつきあうこともなかったんだよネ、なんかいいよネ、しかしふたりとも田舎の高校生って顔じゃないネ、時代は変わったなあ…)などと心中で呟く昼下がりなのであった。
Dsc06088


飯山線キハ110系は終点の越後川口駅に滑り込んだ。飯山線のふたりは、相変わらずちょっと間を空けて改札を出て行き、私はホームでぼんやりしているうちに六日町方面から上越線115系長岡行きがやってきた。
Dsc06091

« 北越急行 | トップページ | 小説の楽しさ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

若いっていいですねぇo(*^▽^*)o
気持ちだけは20代と変わっていないんだけど(頭の中身もか?(笑))???
すっかり40代のオバサンになってしまいました。
最近取引先の担当者、年下ばっかりだしー(笑)。

そう、いつかは若者もオヤジとオバサンになっていく。
命短し恋せよ乙女~♪

そうだねえ、ウチの取引先の営業も軒並み年下の青年だし(笑)
日々学生たちとつきあってるけど、敵は毎年毎年新手がやってくるのに、こちらはくたびれるいっぽうだしね(苦笑)
でも「年をとって大人になるのは楽しいことです!」とキヨシローも言っていたぜベイベエ♫

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯山線のふたり:

« 北越急行 | トップページ | 小説の楽しさ »