2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 阿武隈急行線 | トップページ | 秋田から大館へ »

いぶりがっこの夜

仙台の朝は列車から始まる(笑)
Dsc05453


まずは東北本線利府支線。もともとこちらが東北本線だったのに、輸送の関係から盲腸支線に転落してしまった悲しい支線。丹那トンネル開通にともない東海道本線から支線に転落した御殿場線と同じ運命だ。
Dsc05458

Dsc05456


それから仙台空港線に乗ってそのまま仙台へUターン。ほんとは石巻線や仙石線にも乗りたかったのだが、今回は奥羽本線で秋田へ行くのだ。

東北本線の小牛田で陸羽東線に乗り換えて新庄へ向かう。太平洋側は空がきれいに晴れて気持ちいい。途中の最上で行き違いのため数分間停車。このへんは宮城県と山形県の境目、奥羽山脈の中ほどにあるからさすがに空気が冷たい。
Dsc05473


新庄駅から奥羽本線で秋田へ向かう。東北の各路線を走る701系がちんまりと停車していた。さすが奥羽山脈を越えるとどんよりとした曇り空、線路の辺りは雪が…これこそ日本海側の冬だあ。
Dsc05479


真室川を過ぎた辺りから次第に勾配がきつくなり、大滝~及位~院内あたりは嶮しい山間部を走る。もちろん辺りは雪景色。ちなみに難読駅名として知られる及位(のぞき)は、三遊亭圓歌師匠が岩倉鉄道学校を受験したときの駅名読み方問題だった、って落語のネタだよお(笑)
Dsc05482


横手で北上線と分かれ大曲で田沢湖線と分かれ701系は暗闇の中を秋田へ向かう。秋田は冷たい氷雨が降っていた。寒いなあ。宿に荷物を放り込み夜の街へ夕飯を食べに出る。とりあえず適当な居酒屋に入って刺身を食べてしょっつる鍋とハタハタ塩焼き、いぶりがっこが美味かった。うーむ、スモークチーズのような香りなのにタクアン。秋田銘酒をちびちび飲んで良い気持ち。秋田は良いところだなあ。

秋田は山形の次に好きな県に昇格!
Dsc05484_2

« 阿武隈急行線 | トップページ | 秋田から大館へ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155421/43510835

この記事へのトラックバック一覧です: いぶりがっこの夜:

« 阿武隈急行線 | トップページ | 秋田から大館へ »