2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 晩秋のスイッチバック遺跡 | トップページ | スイッチバック馬鹿 »

鱈めし

関山から二本木を通過して…3度目のスイッチバック(笑)…直江津まで行く。下り電車も『妙高号』、特急使用なので車内はこのとおり、でも各駅停車の普通列車なのだ。
Dsc05356


直江津に到着するとプラットホームにキハ58が。なぜここにキハ58? 
Dsc05357


と思ってよく見ると『急行ひめかわ』だった。
Dsc05359


名物駅弁の『鱈めし』を食べる。うーん、これは美味しいなあ。
Dsc05366


大振りの鱈の甘露煮が2つ、内側がレアな焼き鱈子、干鱈の酢締めと鱈づくし。ワサビ漬けがアクセントになっている。
Dsc05367


直江津からまたも長野行き上り『妙高号』に乗って、二本木駅で4度目のスイッチバック(バカだねー)
Dsc05365

« 晩秋のスイッチバック遺跡 | トップページ | スイッチバック馬鹿 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

そんなにしたいの?スイッチバック…

つたえつ様
そんなにしたいんです、スイッチバック(笑)
なんかねー、そのままスウッと行けばいいのに、いったん停まってガッタンと後戻りする、あの「おっとっと…」って感じが楽しいんだよね。
知ってるでしょ? 私の性格(苦笑)

あー。
スイッチバックにそれほど煩悩しておいでとは…。思い存分堪能できましたでしょうか。
そんな管理人さんの欲望(?)にお答えできたこと、多少ナガノがお役にたったようで誇らしい気持ちです…?

今回はお目にかかれず失礼しましたー。

あんなに週末にヒマこいていた千曲川さんが(笑)週末にもちゃんと用事が入るようになるとは…まことにけっこうなことです、いや、ホント。
いまや東日本の勾配型スイッチバック駅は、篠ノ井線の姨捨(長野県)と信越本線の二本木(新潟県)だけですからねー。貴重ですよ。
姨捨駅からの夜景は絶景かな、絶景かな、でした。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鱈めし:

« 晩秋のスイッチバック遺跡 | トップページ | スイッチバック馬鹿 »