2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 地雷原を行く | トップページ | 青江三奈 »

私はアイスランドに行かないだろう

海外経験は中国と臺灣だけという管理人による、独断と偏見と妄想に充ちた“愛と冒険の架空世界旅行”

アイスランド共和国 
首都:レイキャビク 
人口:31万人 
公用語:アイスランド語 

小学生くらいの頃。私は地図が好きな子どもで地図帳を眺めてはこの国はどんな国なのかと空想するのが好きだった。で、アイスランドである。私はマジメにここはどこまで行っても氷の国だと思っていた。いや国だとは思っていなかったと思う。イギリスとグリーンランドのあいだに浮かぶ巨大な氷の島だと思っていた。まさかここに人が住んでいるとは・・・

ちなみに私はキャビアというたいそう高価な食材はレイキャビクで採れるものだと思っていた。「キャビ」しか合ってないじゃん。大人になってキャビアを初めて食べたときは、これって・・・イクラじゃねえか?と思った。猫に小判とはこのことである。ついでに「イクラ(икра) 」というのはロシア語で「魚の卵」という意味。

アイスランド語というのは北ゲルマン語群に属し、デンマーク語、ノルウェー語、スウェーデン語の仲間なんだそうな。といっても私はどれも知らないからよくわからない。もともとは古いヴァイキングの言葉を残しているからたいそう古風なんだそうである。ヴァイキングと言えば『小さなバイキング・ビッケ』だが、どんな話だったかはもう憶えていない。

サブプライム問題の余波で国家破綻の危機にあるアイスランドだが、なんとかがんばってほしいものである。たぶん行くことはないと思うけど。

« 地雷原を行く | トップページ | 青江三奈 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私はアイスランドに行かないだろう:

« 地雷原を行く | トップページ | 青江三奈 »