2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« アジワン in 臺灣 2008 | トップページ | 続アジワン in 臺灣 2008 »

臺灣好吃

まずは名物料理からご紹介。

米粉(ビーフン)と貢丸湯(コンワンタン)
Dsc04390

米粉は新竹と埔里が名産地。貢丸湯(豚肉団子)はつみれ団子を薄味スープに浮かべて熱々をいただきます。臺灣のあちこちにあります。写真は米粉の本場、新竹の新竹米粉!


肉圓(バーワン)
Dsc04352

筍と肉の入った餡をでんぷん質の芋粉で包んで蒸したもの。臺灣では人気の点心でどこに行ってもみんな食べている。今回は新竹と彰化、水里で食べたがいずれも味わいが異なる。とにかく食べ応えがあり一杯でおなかいっぱい、と言ったら朋友に笑われた(苦笑)
國語では肉圓(ロウユァン)だが現地では臺灣語の「バーワン」でOK。写真は彰化肉圓。油でサクッと揚げてあります。新竹肉圓は紅麹入りなので紅い色。水里肉圓はモチモチでした。


油条(ヨウティアオ) & 豆漿(トウジァン)
Dsc04243

朝はお粥…というのもありだけど、私は絶対にこれ! 私はこれが大好きなんだなあ…揚げたての油条を豆漿(豆乳)に浸してかぶりつく。温かい豆漿との組み合わせが最高。

食堂はだいたいこんな感じ。
Dsc04244


肉粽(ロゥゾン)
Dsc04626

おなじみの「ちまき」です。これは内灣で食べた客家肉粽。客家人の伝統料理でとても爽やかな香りの強い笹の葉に包まれていて新鮮。


貢丸(コンワン)三種
Dsc04672

白い貢丸はイカ、黒いのはイカ墨入り、紅いのはタコだそうです。


嘉義鶏肉飯(チァイージーロゥファン)
Dsc04056

嘉義名物の鶏細切り肉かけごはん。淡白なのに味わい深い…

(続く)

« アジワン in 臺灣 2008 | トップページ | 続アジワン in 臺灣 2008 »

中華世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臺灣好吃:

« アジワン in 臺灣 2008 | トップページ | 続アジワン in 臺灣 2008 »