2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 町田の古本屋 | トップページ | 堤さんちの都合? »

あやや&ヒノテル

『服部良一〜生誕100周年記念トリビュートアルバム』(UNIVERSAL SIGMA / UPCI 1071)を店頭で見つけて買ってしまう。服部良一作品のカバーは概して秀逸なものが多く、これも楽曲といい参加ミュージシャンといいファンとしては見逃せない。

福山雅治の『東京ブギウギ』…うう、かっこいいロックンロール・ブギウギ。ゴスペラーズの『銀座カンカン娘』…渋い。ヘイリーという女性歌手が唄う『白バラの歌〜White Rose』、若手ジャズシンガー小林桂が唄う『午前二時のブルース』もいい。バカボン鈴木のギリッとしたウッドベースの音色がいい感じ。私の大好きな『東京の屋根の下』はゴージャスなビッグバンドをバックに一青窈が唄っている。一青窈の歌声もいい感じなのだが、やはりこの歌は灰田勝彦の歌声がハマり過ぎるほどハマっているなあ。

松浦亜弥のボーカルに日野皓正のラッパが絡む『ラッパと娘』は凄い! イナタいリズムにあややの歌声が映え、日野皓正のブリブリしたラッパがグルーブしてます。オリジナルは笠置シヅ子(昭和14年発売)なのだがこれがまた凄い。スリリングの一言に尽きる名演だ。笠置に絡むラッパは戦前の名トランぺッター森山久(森山良子の父)、機会があればぜひ聴いてほしい。興奮しますよ。

圧巻は、このアルバムの白眉を飾る井上陽水の『胸の振り子』…井上陽水がほんとうに心からこの歌を愛していることがよくわかる。井上陽水らしい、のびやかで力が抜けた歌声が、暖かくてせつないこの歌を彩っている。まるで雲の上の音楽のようだ。

その他のミュージシャン:関ジャニ∞、東京スカパラダイスオーケストラ、さだまさし、山崎まさよし、佐藤しのぶ、徳永英明、布施明・森山良子、小田和正

« 町田の古本屋 | トップページ | 堤さんちの都合? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

福山雅治が以前カバーアルバムを出した時には買いましたよ。彼の歌はせくすぃ~でとても好きです。(もちろん容姿も♪)

だけど、それ、他のメンバーにも凄く興味を持っちゃいます。普通に今買えるんだよね?マニアが集まる店に行かなくても…(笑)

マニアな店に行かなくてもHMVとか新星堂あたりで買えるんじゃないすか。ちなみに私は渋谷のHMVで買いました。

詳しくはこちらをご覧あれ
http://www.hatkat.com/hatter100/100top.html


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あやや&ヒノテル:

« 町田の古本屋 | トップページ | 堤さんちの都合? »