2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 福島交通飯坂線〜阿武隈急行線 | トップページ | JR香取駅のダルマ駅舎消滅 »

旅の終わり

山形鉄道、福島交通飯坂線、阿武隈急行線乗車ミッションを完了した私は、いよいよ東北の旅を終えて東京へ向かう。最後の旅は磐越東線乗車ミッションである。

朝早く福島を離れて郡山へ向かう。郡山駅は東北新幹線、東北本線、磐越東線、磐越西線、水郡線が分岐するターミナル駅。水郡線もそそられるのだが今日は磐越東線でいわきまで向かうことにした。今日は期間限定運行の『快速あぶくま』が走っているからである。発車まで時間があったので駅ホームを散策。水郡線車輛は最新鋭のキハE130系である。ごらんのとおりカッコイイ車輛だ。

Dsc02864

こちらは停車中の磐越西線719系「あかべぇ(赤べこ)」仕様。決して日本テレビのキャラクターではない。

Dsc02868

それにしても郡山駅構内はとても広い。これだけ広いと壮観である。

Dsc02871

『快速あぶくま』…といってもキハ110系なのだが…に乗って福島牛弁当を食べる。米沢牛弁当よりもあっさりしているがなかなか美味しい。快速列車なので停車駅は郡山、三春、船引、大越、神俣、小野新町、小川郷と終点のいわきだけ。各駅停車ののんびりさも良いが、典型的なローカル線なのにびゅんびゅん飛ばすのも気持ちが良い。うららかな陽射しが暖かく、私は車内が空いているのをいいことに、ロングシートに寝転んで空を眺め乍ら揺られていた。

Dsc02869

Dsc02872

いわき駅まで来るとそろそろ首都圏が近い。なにしろ見慣れた常磐線車輛が走っているのである。ロングシートでうとうとしているうちに列車は水戸に到着した。水戸駅からは鹿島臨海鉄道に乗り換える。この路線は水戸を出てからずっと高架線を走るので眺めが良い。新鉾田を過ぎて北浦湖畔、大洋、鹿島灘あたりは霞ヶ浦がよく見える。車中、いわき駅で購入した『いわきウニピラフ弁当』を食べる。ウニがふんだんに入ったピラフなのだが、温めるとより美味しいかもしれない。

Dsc02883

もうここから先は適当に乗り継いでいくことにした。鹿島神宮駅からJR鹿島線に乗り継いで潮来を過ぎて香取で成田線に乗り換える。成田から常磐線の我孫子へ向かう頃にはだいぶ陽も傾いてきた。我孫子駅についたらもう首都圏である。あとはだらだらと上野まで行くだけだ。

Dsc02881

Dsc02887

年末年始の東北鉄道旅、これにて終了。
おつきあいいただいたみなさま、どうもご退屈さまでした(笑)

« 福島交通飯坂線〜阿武隈急行線 | トップページ | JR香取駅のダルマ駅舎消滅 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

長旅お疲れさまです。貴方の旅は数日間でも、読んでるこっちは一月半の長旅でした。
して、次回はいずこへ・・・。

一ヶ月半の長旅お疲れさまでした。
いざ記事にしようとなると時間がかかるんですよね…
我々の業界はこれからしばらくが勝負。
だから遠出はないですね。
首都圏JRや地方民鉄の日帰り旅に出かけることにします。
演藝研究会定例会も忘れないようにしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155421/40143775

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の終わり:

« 福島交通飯坂線〜阿武隈急行線 | トップページ | JR香取駅のダルマ駅舎消滅 »