2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 三陸鉄道南リアス線〜釜石線〜東北本線〜仙山線 | トップページ | 雪は降る »

今年の一本目…

下高井戸シネマにて『長江哀歌』(2006中国)を観る。

三峡ダム建設工事が進む三峡の街にひとりの男がやってきた。山西省からやってきたハン・サンミンは、16年前に別れたきりの妻子を探している。船から降りると同時にマジックショーの呼び込みに引きずり込まれたりする。バイクタクシーの男に連れて行かれた住所は、もうダムの底に沈んでしまっていた。男はサンミンを住民管理局に連れて行ってくれたが、役所は立ち退き騒ぎで苦情を言い立てる住民でごった返していた。

サンミンは安宿に腰を落ち着けるが、そこでマジックショーの呼び込みをしていたチンピラ、マークに出会う。マークは香港の映画スター、チョウ・ユンファに憧れて真似ばかりしている脳天気な若者。サンミンとはなぜか気が合う。翌日からサンミンは解体工事の職を得て、三峡ダム工事で立ち退きとなった建物を壊してまわる。義兄に会って妻子の行方を尋ねるが、南方で働いているというだけで会うことはできない。

またひとりの女が三峡にやってきた。女の名はシェン・ホンといい、彼女もまた山西省から2年間音信不通の夫グォ・ビンを探しにやってきた。シェン・ホンは夫の友人のワン・トンミンに会い、グォ・ビンの行方を尋ねるが、夫の携帯電話は電源が切られていて会うことができない。親切なトンミンはいろいろとシェン・ホンの世話を焼いてくれるが、何だか奥歯にモノが挟まったような感じ。しがない工員だったはずのグォ・ビンは何故かダンスホールを経営しており、どうもその経営者の女と関係があるらしいことがわかる。

サンミンはようやく妻のヤオ・メイと会うことができたが、ヤオ・メイはもう山西省に戻る気はないようだ。もともとふたりは売買婚で結ばれたので、ヤオ・メイのほうは愛情も何も薄れ切っていて、サンミンの気持は通じない。シェン・ホンもグォ・ビンと会うことができたが、彼女はグォ・ビンと別れて新しい恋人と上海に行くことを告げに来たのだった。

山西省から来たふたりの男女は、三峡の街でそれぞれの愛情を清算しふたたび新しい人生を歩み始める。マークはケンカであっけなく殺され、安宿の主人は立ち退きで橋の下に居を移した。古いものが壊され新しいものが造られ、人々は散り散りになっていく。そして二千年の歴史を刻む三峡の街もまた、もうすぐダムの底に沈んでいく。

滔々と流れる三峡の風景と、瓦礫と化した住宅の残骸。黙々と解体工事に励む労働者たち。役所から有無を言わさず立ち退きを迫られる人々。商魂逞しくのしあがる人々。現代中国社会を淡々と描写しながらこの映像美は素晴らしい。ロングショットも退屈さを感じさせずむしろ画面に惹き込まれてしまう。静かにしみじみと心に残る映画だった。それにしても四川訛りの中国語の凄いこと。発音も四声も標準語からほど遠い。

質の良い映画を上映してくれる下高井戸シネマだが、この日はお年寄りが大挙押しかけて満員御礼になってしまった。お年寄りが興味ありそうな中国映画がシニア料金で…ということもあったのだろう。補助席まで出していたが、お年寄りが補助席に座っていると、席を譲ったほうがいいのかどうかが気になってしょうがない。結局譲らなかったけどネ…これから老人にも気を遣って映画を観にゃならんのかなあ…嗚呼、老人大国(苦笑)

さて今年はどれだけ映画を観ることができるかな…昨年も正月に映画を観て以来、ほとんど観ることなく終わってしまったし…

« 三陸鉄道南リアス線〜釜石線〜東北本線〜仙山線 | トップページ | 雪は降る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私の今年一本目は、「再会の街」主演アダム・サンドラー、ドン・チードルでした。9.11のトラウマに悩むニューヨーカーの話。旧友と再会して立ち直れるか・・・?といったストーリー。
サタデー・ナイト・ライブ(懐かしい)出身の喜劇役者アダム・サンドラーが、困難な役をよく演じていましたし前評判も良かった映画だったんですが、一本目はもっと明るい話を見に行けばよかったと、ちょっと後悔です。

ちょっとテストします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の一本目…:

« 三陸鉄道南リアス線〜釜石線〜東北本線〜仙山線 | トップページ | 雪は降る »