2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 演藝研究会歳末風景 | トップページ | 年末の読書 »

クリスマスだというのに

休日出勤をしたので今日は代休。しかしまあよく働くなあ、と自分でも感心する…しかない(苦笑) 近所の病院へ薬を貰いに行くがけっこう待たされると思ったので、待合室で持参した堀江敏幸『めぐらし屋』(毎日新聞社)を読む。いやあ堀江敏幸の小説は心にしみるなあ。

夕方から渋谷へ出てブックファーストへ。東急Bunkamuraの近くにあった巨大店鋪から撤退してしまったのだが、地下鉄半蔵門線の出口…かつて旭屋書店があったところに移転していた。当然乍ら規模は小さくなってしまったが、それでもせいいっぱいの品揃えなのだろうなあ。

ブックファーストを初めに書店をハシゴして、笙野頼子『笙野頼子三冠小説集』(河出文庫)、川崎長太郎『抹香町』『もぐら随筆』(講談社文芸文庫)、田山花袋『温泉めぐり』(岩波文庫)、半藤一利『決定版 日本のいちばん長い日』(文春文庫)、唐沢俊一・岡田斗司夫『オタク論』(創出版)、畠山珠美他『図書館の再出発〜ICU図書館の15年』(大学教育出版)、松浦寿輝『半島』(文春文庫)、小島信夫『アメリカン・スクール』(新潮文庫)、高橋源一郎『優雅で感傷的な日本野球』(河出文庫)、中島京子『FUTON』(講談社文庫)、日下三蔵『日本SF全集・総解説』(早川書房)、伊集院光『の、はなし』(宝島社)を購う。読んだことがあるものも、たぶん家にあるものも混じっているが、何処にあるのかわからないので探す手間を考えたら買ったほうが早いのである。まったくしょうがない(苦笑)

そのままHMVまで戻り、ジャズとロックとブルースのCDを購う。
『BILLIE HOLIDAY / JAZZ AT THE PHILHARMONIC』
『THELONIOUS MONK / GENIUS OF MODERN MUSIC VOL.1』
『SHEILA / SHEILA JORDAN & ARILD ANDERSEN』
『RY COODER / BOOMER'S STORY』
『RY COODER / BORDERLINE』
『ROBERT JOHNSON / KING OF THE DELTA BLUES SINGERS』

ビリー・ホリディ(vo)のCDは私が高校1年生の冬、隣町のレコード店で買った懐かしい懐かしい思い出のアルバムだ。そのときのLP版を今でも持っている。バック・クレイトン、ハワード・マギー(tp)、レスター・ヤング、コールマン・ホーキンス(ts)といった錚々たるメンバーによる、前半が1945〜47年、後半が1957〜58年のライブ録音。
セロニアス・モンク(p)のブルーノート盤も高校生の頃にLPで買ったのだが、しかしよくもまあ田舎の高校生が、こんなモダンジャズを喜んで聴いていたものだ。なんだか恥ずかしい…。
超がつく個性派歌手シェイラ・ジョーダンのアルバムは、大学生のときに中古盤で見つけて愛聴していたもの。北欧の名手アリルド・アンデルセンの深くて暖かいベースとのデュエット。ヴォイスとベースのデュエットとは思えないくらいの表現力に驚嘆。
ライ・クーダーの2枚も私の大好きなアルバム。いや、ライ・クーダーは私のモストフェイバリットミュージシャンなのですべて好き。それにしてもジム・ケルトナー(ds)は最高だ。
ライ・クーダーつながりでデルタブルースの巨人ロバート・ジョンソンを買う。かつて喫茶店で聴いて心が震えた。そのすばらしいギター奏法と引き換えに、悪魔に魂を売り渡したという伝説のブルースマン。女性問題で27歳にして毒殺されるという最期もブルースマンらしいです。1936〜37年の録音。

しかしまあ今年も進歩のない年であったことよ。来年こそ効率の良い仕事をして自分の時間を増やしたいと思う。といっても本を読む、寄席に行く、列車に乗る、酒を飲む…で終わる気がする……あ、そうだ。来年はいよいよ北京オリンピック開催じゃないか。しかしあの国でオリンピックなんて、いったいどうなることであろう。今からワクワクしますねえ(笑) 中国ウォッチャーとしては息の抜けない夏になりそうです。

今年もくだらぬ孤独な散歩者の戯言におつきあいいただき、管理人より皆様に厚く御礼申し上げます。年末年始は恒例の放浪&帰省のため、暫くここを留守にいたします。
来る年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

« 演藝研究会歳末風景 | トップページ | 年末の読書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こちらこそ、どうぞ来年も宜しくお願い致します。

それにしても…

今以上にご自分の時間を増やしたいとは、何とも贅沢なご希望ですね!(笑)

放浪&ご帰省からの無事のご帰還をお祈りして居ります。

つたえつ様

>何とも贅沢なご希望ですね!(笑)

働くお母さんからみれば贅沢でしょうね(苦笑) でも平日は疲れきったうえに9時~10時帰宅ですから。やっぱり定時に帰るのが正しい勤め人のあり方です。なかなかできないけど・・・

いま実家にいるんですけど、今朝起きたら窓の外は真っ白で、いまも吹雪いています。新潟県内の鉄道は大雪と強風で遅れまくってます。地元民にしてみればいつものことなのでなーんにも気にしていません。

今年はひさびさにお会いできてよかったです。
どうぞ来年もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155421/17479867

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスだというのに:

« 演藝研究会歳末風景 | トップページ | 年末の読書 »