2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ガーコン総理 | トップページ | 東武日光線を行く »

臺東のカツカレー

基隆から臺東へ向かう。
臺東は臺灣の東南部にあり、臺北から特急列車で5時間はかかる。臺北の朋友も「臺東は遠いから行ったことがないよ」という。今回はここにある國立史前博物館を見学に行くのが主な目的。昨日と同じく5:58に基隆を出て宜蘭に向かい、宜蘭から普快車に乗り換えて花蓮に到着。花蓮からキョ光號の切符を買って臺東へ向かった。

臺灣は南北に山脈が走っている。山脈の西側(臺中〜嘉義〜臺南)には広い平地が広がっていて、東側(宜蘭〜花蓮〜臺東)の大部分は山が海岸まで迫っている。特に花蓮から臺東にかけてはそれが顕著で、山岳地帯に住む原住民(アミ族、タロコ族など)が多く住んでいる。臺東は特に原住民の多いところで、あちこちにあきらかに漢民族とは違う風貌の人々を見かける。花蓮を過ぎると車窓から椰子の木が目立つようになり、異国情緒がふんだんに感じられてくる。

臺東駅に着いたのはもう夕方近かった。臺東駅は郊外にあるので、市内までバスに乗って行かなくてはならない。夕暮れの臺東郊外を走って終点のバスターミナルで下車。道端で、さて今晩はどこに泊まろうかと考えていたら、強烈に訛ったジイサンが声をかけてきた。

「あんた、今晩はどげんすると? ホテルは決まっとると? 予算はなんぼ出せるとね? うーん、そうかあ、そんならよかホテルがあるばい。そこの社長は日本語が話せるとヨ。案内するばってん、オラのタクシーに乗るばい、よかよか、金はいらんとヨ、サービスばい」

要するにこのジイサン、ホテルに客を紹介していくらか貰っているのだろう。めんどうくさいのでタクシーに乗る。乗ること数分、着いたホテルは見るからに怪しげなホテル(苦笑)、とはいえ街の中心部にあるし、一泊1000元というわりにはちゃんとしているので、ここに泊まることにした。オーナー社長は怪しげな日本語を話す兄チャンでしきりに話しかけてくる。といっても日本語はかなりいいかげんなので、会話の大部分は中国語で済ませる。ロビーの隅で茶をガブガブ飲まされておしゃべりにつきあっていたらだんだん腹が減ってきた。

とにかく飯を食おうと街に出る。さすがに臺東まで来ると地方都市らしい田舎っぽさがそこかしこに漂っている。だらだらと歩いていたら『福爾摩沙餐廳』(フォルモサ・レストラン)という看板が見えた。しかも日式食堂と書いてある。日本料理? それにしてはよくある“誤解されたニッポン”“エキゾチックジャパン”という感じではなく、落ち着いた外観のレストランという風情。臺東で日本レストラン? しかもシックな? どういうこと? 面白そうなので入ってみた。

0708125f15185f01

店内はとても綺麗でシックな木目調で統一されている。私以外には誰も客がいなかったのだが、原住民らしいかわいい小姐が席に案内してくれる。メニューを見たらカレーセットとか海老フライセットとか、要するに洋食屋なのである。小姐に「『日式排骨加哩飯(日本式カツカレー)』とは、どのへんが日本式なのか?」と尋ねたら「日本風の味付けよ」と教えてくれたのでそれを頼んでみた。待つこと暫し、出てきたカレーは紛れもない日本の洋風カツカレーだ。実に美味しい。小姐が目をパチクリさせて「美味しい?」と聞くので「うん、美味しい」と答えたら嬉しそうに厨房へ駆けていった。

食後の珈琲を飲んでいたら厨房からオジサンが出てきて「日本の方ですか?」と声をかけてきた。彼は成田さんといって本職は日本の高校の先生とのこと。なぜ高校の先生が臺東でレストランを??? 珈琲を飲み乍らお話を聞かせてもらった。

「彼女(店員)が『中国語を話す日本人が来ているよ!』というんで…ようこそいらっしゃいました。ありがとうございます。どうしてまた臺東へ? ああ、そうですか、史前博物館がお目当てですか。だいたい市内は観光地じゃないからねえ、知本温泉とかあっちのほうが有名だし、あまり市内に外国人はいないですよ…」

「ええ、私はふだんは日本にいます。いまは夏休みなんで1ヶ月ほど臺東に滞在しているんですよ…私は大学生のとき動物学を専攻していて、タイワンザルの生態調査のために臺灣に来たんです。もう40年もむかしのことですよ…ほら、臺東の沖に藍嶼(Lan yu)という島があるでしょ、あそこに暫く滞在してねえ、そのときに原住民の人たちにそれはそれはお世話になったんですよ。だからいつか恩返しがしたいなあ、って思って…ええあの娘もアミ族です。若い世代になるとアミ語を話せないのも増えてますけどね…臺東の原住民たちともつきあいが始まって、その後もなんだかんだと臺灣と日本を往復していつしか40年が経ちました」

「ここもネ、私と私の仲間が金を出し合って建てたんですよ。原住民の若者たちの就労援助とか、そんなことができたらいいな、と思いましてネ…ええ、それがなかなか儲けを出すまでにはいかないですよ(笑)…まあ原住民の連中はのんびりしてますから(苦笑)…商売をやる以上はあるていどガツガツしないと儲けが出ないでしょ。でもかれらはなかなかそこまでやらないんだなあ…でも赤字じゃあ困るんでね、まあもう少しもう少しって感じで…気の長いつきあいですなあ(笑)…」

「しかしあなたもよくこの店を見つけてくれました(笑)ありがとうございます。臺北ならともかく、臺東だからねえ…とにかく辺鄙だから、まず知っている人が少ない(苦笑)、また臺東にお越しの際にはぜひお立ち寄りください。お友だちにも宣伝してください……といってもねえ、臺東くんだりまで来るやつはそうそういないよねえ(苦笑)」

そんな田舎の臺東ですが、もしも行く機会があればぜひ『福爾摩沙餐廳』に足を運んでみてください。中華料理に飽きたときのいいアクセントになりますよ。

『福爾摩沙餐廳』
0708125f15175f01
臺東市中正路331號(臺東醫院の近く)

« ガーコン総理 | トップページ | 東武日光線を行く »

中華世界」カテゴリの記事

コメント

他の国と比べたら大した事無いのかもしれないけれど、
単一民族と言われる日本人もなかなか多彩ですね。
カレーやカツ、他の材料はどうやって仕入れてるんですか?
日本からみんな持って行くのかな?

肉などは現地調達でしょうね。
カレールーは聞き漏らしましたが、日本製品じゃないでしょうか? 
ご飯(米)がとても美味しくて、なんでも臺灣の富里というところで栽培している「富里米」というのを使っているそうです。
臺灣には「臺灣のコシヒカリ」と呼ばれる「池上米」というのがあって、臺灣では超高級ブランド扱いです。成田さんが臺東附近の美味しいと言われるお米(臺東は米の名産地)を食べ比べ、その結果、炊きたてはもちろん、冷めても香りや味わいが損なわれない「富里米」がいちばん、ということでした。
ホント、びっくりするくらい美味しかったですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臺東のカツカレー:

« ガーコン総理 | トップページ | 東武日光線を行く »