2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ちょっとひとやすみ | トップページ | ガーコン総理 »

菁桐のムカ竹筒

神社の絵馬にはさまざまな願い事が書かれている。なかには不届き千万かつ分不相応なことが書かれている絵馬もあり、これらは1990年代後半、漫画家のみうらじゅんによって「ムカ絵馬(ムカつく絵馬)」と命名された。
まあ、だいたいこういうものは万国共通のようで、何処だったか、金網に南京錠を取り付けて願掛けをするというのがあったが、あれも同じ類の習慣であろう。そしてここ菁桐の駅前にも竹筒に願い事を書いて吊るしてある一角があった。

Dsc01866
 
でもって菁桐の竹筒、大半はちゃんとした願いごとが書かれているのであるが、なかにはやっぱりこんな願い事も吊るされているのであった。

Dsc01867

これにいたっては地に落ちてるし・・・

Dsc01868
我要女朋友(彼女がほしい!)

« ちょっとひとやすみ | トップページ | ガーコン総理 »

中華世界」カテゴリの記事

コメント

この竹筒、雑貨屋さんで見たことがあります。楽器だと思っていましたよ。願い事を書くモノだったんですねー。

で、管理人氏はどんな願い事を??

そうですか、雑貨屋にあるんですか。それは寡聞にして知りませんでした。菁桐は平溪線の終点で、山の中の静かな街でした。余生を送るにはいいかもしれません。
私は何も願いごとをしませんでした。ただ見物して写真を撮っただけです。

地に落ちた願い事はどうなるんでしょう…神様も、「お前には無理じゃ」と言いたかったのでしょうか?
叶わない感がありありですね…哀れ。

誰がどういう目的で始めたのかよくわかりませんが、人間やることはそう変わらないということです。
あなたの書き込みを詠んでいま思いついたのですが、私がふたたび吊るしてあげたらよかったネ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菁桐のムカ竹筒:

« ちょっとひとやすみ | トップページ | ガーコン総理 »