2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 菁桐のムカ竹筒 | トップページ | 臺東のカツカレー »

ガーコン総理

池袋演藝場にて演藝研究会例会。
今日は古今亭志ん朝と柳家小さん一門の中堅〜ベテラン勢揃いという豪華な香盤、お得感ありでした。
演者と演題は以下の通り。

古今亭志ん八『狸賽』
古今亭志ん馬『三方一両損』
笑組(漫才)

柳家小さん『親子酒』
柳家亀太郎(粋曲)
柳家権太楼『金明竹』

〜〜仲入り〜〜

古今亭八朝『持参金』
柳家さん八『按摩の蚊帳』
林家正楽(紙きり)

古今亭志ん五『柳田角之進』

小さん師匠は大名跡を襲名してからますます渋くて良い味わいになってきたなあ。先代譲りのまるっこい高座姿も黒い紋付も良い感じ。前半は延々と枕を語り(これが絶品)後半で『親子酒』をさらりと語る。このへんは兄弟子の柳家小三治譲りか。

仲入り前に権太楼師匠登場。もう出てくるだけで可笑しい。これも才能だ。何を演じるかと思ったら『金明竹』、もう爆笑に次ぐ爆笑。ちなみに三遊亭圓丈は『名古屋弁金明竹』という隠し技を持っている。

さん八師匠は『按摩の蚊帳』という珍しい噺を披露。先代柳家小さんも時おり演じたということだが、盲人が主人公ということで、放送ではできないネタである。

志ん五師匠は『柳田角之進』を一席。志ん五師匠もすでにベテラン、もう与太郎という柄ではないのだろう。それでも寄席で早い出番のときにはアブナイ与太郎全開ですけどね。もともと志ん五師匠は顔が怖いので侍を演じると凄みがある。

西口路地裏にて演藝研究会会長とふたりで反省会。自民党総裁ほぼ確定の福田康夫元官房長官と、最後の酒仙藝人であり『ガーコン』でもお馴染みの川柳川柳師匠がよく似ているという話になる。

「その話を聞いてから、福田康夫が川柳師匠に見えてしょうがない」
「いよっ! ガーコン総理(爆笑)」
「落語ファンにしかわからないぞ(笑)」

福田康夫オフィシャルサイト
http://www.y-fukuda.or.jp/

落語協会>川柳川柳
http://www.rakugo-kyokai.or.jp/Profiles.aspx?code=19

« 菁桐のムカ竹筒 | トップページ | 臺東のカツカレー »

落語・演藝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガーコン総理:

« 菁桐のムカ竹筒 | トップページ | 臺東のカツカレー »