2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 平溪線一日周遊券之旅 | トップページ | ちょっとひとやすみ »

臺灣のアジワン

アジワンというのは、アジアの国々で気ままにのんびり暮すわんこ(犬)たちを指す造語。片野ゆか著『アジワン−ゆるりアジアで犬に会う』という本のタイトルでもあります。
臺灣のあちこちに犬がいます。飼い犬もいれば野良犬もいます。洋犬もいればアジア犬もいます。というわけで、わんこを愛して止まぬサワコさんのリクエストに応えて今日はアジワン特集。

基隆駅前で寝ていた犬。
のんべんだらりと寝る犬の横を、人々が通り過ぎていました。
Dsc01813


基隆駅のホームで電車の到着を待つ犬。
改札フリーパスで出たり入ったりしてました。
Dsc01829


菁桐駅前の軒下で雨宿り中です。
Dsc01848


十分の線路沿いをうつむきかげんでとぼとぼ歩いていました。
疲れているのかしらん。
Dsc01858


基隆の海岸でたわむれる犬たち。
涼しそうに見えますが、ものすごく暑い日でした。
Dsc02100


福隆駅前で空缶とたわむれていた黒犬。
Dsc01897


上の黒犬とケンカしてました。
Dsc01898


後述しますが、お昼ごはんをご馳走になった船長さんの家にいた犬。
キリリとした美犬で名前はシヤオグヮイ(どういう字を書くのか聞き漏らしました)
Dsc02053


基隆の街を流れる運河にかかる富狗橋のたもとにいます。
帰らぬ主人を待っている…わけではないようです。
Dsc02129

« 平溪線一日周遊券之旅 | トップページ | ちょっとひとやすみ »

中華世界」カテゴリの記事

コメント

すばらしい! すばらしい! すばらしい!

やっぱりわんこはいいですねぇ。なんか自然体なんですよね、暑さもなにもすべて受け入れて生きてる感じが神々しくさえあります。

アジワンはスタイル抜群ですねえ。「しなやか」ってコトバが
ぴったり。ヤッシーみたいだけど。

鉄以外に犬にも興味がいくようになって、重畳重畳。

サワコさま
あれだけ暑ければすべてを受け入れざるを得ないでしょう。
どのワンコがお気に召しましたか?

千曲川さま
おたくのコテツと同種同族もいましたよ。
吠えもせずおとなしかったですけど(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臺灣のアジワン:

« 平溪線一日周遊券之旅 | トップページ | ちょっとひとやすみ »