2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 早春の篠ノ井線 | トップページ | 哀愁の長野電鉄屋代線 »

郷愁の上田交通別所線

上田駅は長野新幹線と第三セクターのしなの鉄道が入っている。しなの鉄道は旧JR信越本線。しなの鉄道改札から少し先に、上田交通別所線乗り場がある。別所線乗り場は、藤沢駅に併設されている湘南モノレール乗り場みたいな雰囲気だ。ホームに停まっている2輛編成電車に乗りこむとなんとなく見覚えのある車内。これは東急電車じゃないのか? 

すでに夕方の5時を過ぎており、しかも午後から曇り始めてすっかり薄暗くなっている。車窓を楽しむなら明朝また乗らなくてはならないなあ。そんなことをぼんやりと考え乍ら、ごとごとと電車に揺られて終点の別所温泉駅へ向かう。上田を出てから約30分で別所温泉駅到着。駅舎から看板から待合室から、すべてが古き良き時代の遺物がそのまま残されている。季節外れの小雨の夜、待合室には誰もいない。駅員も帰ってしまったようである。

Dsc01684

さて、別所温泉に来たからには温泉に入らねばならぬ。もともとこれが目的で来たわけだが、どうも温泉街は駅からだいぶ離れたところにあるらしい。調べてみたら駅から数分のところに共同浴場があるとのことなので、小雨そぼ降る真っ暗な夜道を歩き出す。共同浴場は地元の人たちがやってくる。要するに銭湯だ。硫黄の香りが身体の隅々まで揉みほぐし、日常のなにもかも忘れて身も心も放心状態。(写真は翌日撮影)

Dsc01699

心地よい疲れとともにふたたび別所温泉駅に戻り、上田行き電車に乗り込む。たったひとりの乗客を乗せた別所線は、雨の田園地帯をゴトゴトと上田に向かって走り出した。季節外れの小雨降るひなびた温泉街を後にして、別所線に独りで揺られていると、このままどこか遠いところに行ってしまうような、行ってしまいたくなるような、そんな気持になる。ホテルに戻り罐ビールをうぐうぐと飲んで眠る。

翌日、ホテルをチェックアウトしたあと、ふたたび別所線に乗り終点の別所温泉駅で降りる。昨夜は雨が降っていて外も見えなかったのだが、今日はよく晴れて暖かく、別所線の長閑な車窓が心をなごませてくれる。下ノ郷駅にはささやかな車輌区があり、はじっこに東急東横線がぽつんと放置されていた。しかも行き先標示板が桜木町になったまま。おお、いまは無き東急東横線桜木町行きではないか!

電車は別所温泉駅に到着。昼間に見る駅はいちだんとすばらしい。駅舎からホームから隅々まで散策し尽くす。なにしろラッチ(改札)までが木製だ。これはすばらしい。

Dsc01703

別所温泉駅で上田行きの発車を待つあいだ、駅事務所で別所線オリジナルマグカップを購入。事務所にいるオネエサンは着物に袴着用。駅ぜんたいでレトロな雰囲気を醸し出す作戦らしい。ホームの端にはかつて別所線を走っていたモハ5250系車輌が展示されている。丸窓が印象的なレトロ車輌だ。

Dsc01697

上田に向かう電車のなかで、たっぷりと上田郊外の風景を堪能。結局二日にかけて別所線を2往復したのであった。

Dsc01704

Dsc01705

« 早春の篠ノ井線 | トップページ | 哀愁の長野電鉄屋代線 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

さっき、ひさびさに見たタモリ倶楽部がよりによって鉄っちゃん特集ので(1週遅れ?)、全国のJR私鉄全駅制覇した「神様」がゲストでした。駅舎を熱く語っておられ、見事でありました。
で、神様が選んだベスト駅舎のいくつかが、こちらのブログで拝見したことのあるものでしたので、亂鉄さんも神様への道を歩んでおられるのだなと、妙に神々しく思ったものです。

駅舎は昼間見ないとね。夜も夜でいいんでしょうが、全貌が見えませんもんね。

そうですか、神ですか、畏れ多いことです。でも、私はほとんど関東甲信越の鉄道しか乗ってませんが…(笑)
それにしてもどこの駅舎が紹介されたのでしょうか? この別所温泉駅も名駅に称号にふさわしいです。

この特集見ましたよ~。千曲川さん同様、ワタクシも管理人氏のことを思いうかべつつ見ておりました。

この特集は「日本のJR・私鉄9843駅を降りつぶし」。神様は「鉄子の旅」の案内人のヒトですねぇ。どっから観ても鉄の風貌のお方です。

上信電鉄の下仁田駅、銚子電鉄の外川駅、飯田線の小和田駅などが管理人氏のテリトリーに近いかと思いましたよ。
私は宗谷本線の北星駅がいいなぁ。たぶん行けないけど。

録画してありますよ、お分けしますか?

サワコさん
>上信電鉄の下仁田駅、銚子電鉄の外川駅、飯田線の小和田駅
外川しか行ったことないですけど……まあ、上信電鉄も飯田線もそのうち乗りたい路線、上信電鉄の南蛇井(なんじゃい)駅に降りてみたいです。宗谷本線の北星駅って、例の掘建て小屋でしょ? 秘境駅としてたいそう有名な駅ですね。
録画されたのならDVDに焼いてください。よろしくお願いします。
それにしてもみんな見てますねー『タモリ倶楽部』(笑)

サワコさんも見ておいででしたかー。

ワタシ数ヶ月ぶりですよ、タモリ倶楽部みたの。ヘタすりゃ半年以上見てなかったんじゃ…。
新聞欄の確認もせず見たところがこの内容。笑っちゃいました。

そうでしたか、下仁田駅は行かれてなかったですか。ストライクど真ん中じゃないかと存じます。「例の」掘立小屋!さすがご存知なんですねえ。

でも魅かれる気持ちは分かりました。

サワコさま
『タモリ倶楽部』拝見しました。
私のなかで『鉄子の旅』と「日本のJR・私鉄9843駅を降りつぶし」と横見浩彦氏がようやくつながりました。
それぞれの情報を点として持っていたのですが、それらが一本の線になりました。ついでに『鉄子の旅』全巻買ってしまいました。
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郷愁の上田交通別所線:

« 早春の篠ノ井線 | トップページ | 哀愁の長野電鉄屋代線 »