2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 郷愁の上田交通別所線 | トップページ | 明るく陽気に行きましょう »

哀愁の長野電鉄屋代線

別所温泉から上田交通別所線に乗って上田に着いた〜♪
上田駅の蕎麦屋に入る。いわゆる駅蕎麦ではあるのだが、立ち食い蕎麦ではなくちょっとした蕎麦屋。もり蕎麦を手繰ったけどさすがに美味しい。さすが長野の蕎麦は美味しいなあ。これから先は出たとこ勝負で帰宅するだけだが、頭の中にはすでにいくつかのプランが妄想されている。こういうのが鉄道旅の醍醐味(笑)

上田〜(長野新幹線)〜東京
上田〜(しなの鉄道)〜屋代〜(長野電鉄屋代線)〜須坂〜(長野電鉄長野線)〜長野〜(長野新幹線)〜東京
上田〜(しなの鉄道)〜篠ノ井〜(篠ノ井線)〜松本〜(中央本線)〜八王子
上田〜(しなの鉄道)〜軽井沢〜(西武高原バス)〜万座温泉〜(吾妻線)〜高崎〜(信越本線)〜上野
上田〜(しなの鉄道)〜軽井沢〜(JRバス)〜横川〜(信越本線)〜高崎〜(八高線)〜八王子
上田〜(しなの鉄道)〜小諸〜(小海線)〜小淵沢〜(中央本線)〜八王子
上田〜(しなの鉄道)〜小諸〜(小海線)〜小淵沢〜(中央本線)〜甲府〜(身延線)〜富士〜(東海道本線)〜横浜(バカだねー)


長野−−−須坂           万座温泉−−−−−渋川
|    |            |        |
篠ノ井−−屋代−−上田−−小諸−−−軽井沢−−横川−−高崎−−上野−−東京
|            |             |       |
松本−−−−−−−−−−−小淵沢−−甲府−−−−−−−八王子−−−−−川崎
                  |                | 
                  富士−−−熱海−−−−−−−−−−横浜


そしてリュックからJR時刻表を取り出して十分ほど検討し、私はふたたびしなの鉄道の改札を通ったのである。

ちなみに鉄はJTB時刻表派とJR時刻表派に二分されるが、私はJR時刻表派である。理由は…特にない。余談だが(全編これ余談だア)交通新聞社から『MY LINE 東京時刻表』というのが刊行されている。東京・神奈川・埼玉・千葉全域と、静岡・山梨・群馬・栃木・茨城の一部を網羅しているので、近場の電車旅にはもってこいだ。私鉄と地下鉄の全時刻表が掲載されているところもいい。

閑話休題。上田からしなの鉄道に乗り、屋代で長野電鉄屋代線に乗り換える。昨日の朝までは、このまま長野新幹線か、小海線〜中央本線経由で帰ろうかと考えていたのだが、昨日しなの鉄道車窓から目に入った屋代駅ホームの風景が心に残っていた。こぎれいなホームのいちばん向こうに見えた掘建て小屋は何だ? これが名高い?長野電鉄屋代線乗り場だということがわかり、俄然この電車に乗りたくなったのである。

Dsc01709

屋代駅の跨線橋を渡る。すると4番線から先が突然木の床に変貌した。

Dsc01710

それでもずんずん進んでいくと長野電鉄屋代線乗り場。

Dsc01711

しなの鉄道に比べてあきらかにオンボロな階段を降りるとそこには驚愕の光景が…私は跨線橋を渡るあいだに時空を超えたのか。

Dsc01712

5番線長野電鉄屋代線ホームの凄さったら、ない。まるで明治時代を思わせる柱、屋根、待合室…幾度もの風雪に耐えてきたであろう、長い間に蒸気機関車の煤に燻されたのだろう。真っ黒に日焼けした柱も屋根も待合室も、すべて木で出来ている。

Dsc01713

柱の琺瑯看板もこのとおり、とっくに廃線となった長野電鉄木島線まで存在している。

Dsc01722

入線してきた長野電鉄屋代線に乗って終点の須坂に向かう。屋代から乗った客は十人にも満たない。千曲川が流れる長野盆地をひたすら走る長野電鉄屋代線はのんびりしている。屋代から終点の須坂まで乗っていたのは結局私ひとりだった。須坂で長野電鉄長野線に乗り換える。構内に長野電鉄オリジナル車輌が停まっていた。

Dsc01726

JR長野駅で長野新幹線に乗り換える。最後は車内で独り酒盛りをしようと、駅の売店で『おらほビール』という地ビールを買った。走り出した新幹線のシートに深く座り、ビールをうぐうぐ飲んでぼんやりする。

Dsc01732

早春の上田〜篠ノ井はちょっと寒かったけど良かったなあ。篠ノ井線と上田交通別所線、ほんとに良い路線だった。地ビールの酔いでぼんやりしているうちに、長野新幹線は上田を過ぎて一路東京へ向かうのであった。

« 郷愁の上田交通別所線 | トップページ | 明るく陽気に行きましょう »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

正直に言います。
私は生まれてこの方、長野電鉄屋代線に乗車した覚えがありません。

もちろん国鉄時代から屋代駅では数え切れぬほど乗降しておりますが、
誇線橋のその先、トワイライトゾーンには足を踏み入れたことが無いのです。

管理人様は既に、モト地元住民を超えて居られる…素晴らしい!
それに、きっとそこに管理人さんが佇んでいらっしゃる景色は絵になってたでしょうね。

今度帰省したら、勇気を持って一歩踏み出してみようかと思わされました。
ありがとうございます。

そうそう、長野の地ビールは「おらほ」の他、
「YONAYONAエール」も美味しいらしいですよ。

つたえつ様
まあ地元民はそんなもんでしょう。私だって実家の近所なのに、いまだに足を踏み入れたことがないエリアなんざ、たくさんありますよ。それにしても屋代線ホーム=トワイライトゾーンは文化財級でしたね。
それはそうと、YONAYONAエールって長野の地ビールだったんだ。飲んだことあるはずだけど、長野地ビールとは知りませんでしたね。失礼しました。
>今度帰省したら、勇気を持って一歩踏み出してみようか
あはは、そんなたいそうなもんじゃない(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哀愁の長野電鉄屋代線:

» パスモスイカ [パスモスイカ]
パスモやスイカに関連した記事を書いています。その違いや比較、モバイルや限定カードや記念カード、チャージ、定期についてなど、JRのpasmo suicaは現在注目されてますね。 [続きを読む]

« 郷愁の上田交通別所線 | トップページ | 明るく陽気に行きましょう »