2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 鉄の伝承 | トップページ | 鉾田〜新鉾田経由 »

鹿島鉄道から

上野8:30発フレッシュひたち9号に乗って茨城へ向かった。常磐線を北へひた走る車内で駅弁を食べ乍ら車窓を眺める……あれ? こないだも同じこと書いたような気が…? 

前回に引き続き、今回もフレッシュひたち9号に乗って茨城へ行ってきた。今回は鹿島鉄道に乗車するためである。ニュースでもご存じのように(鉄道好きしか知らないか)、石岡と鉾田を結ぶ関東私鉄ローカル線の鹿島鉄道が、4月1日をもって廃線になることが決まった。前回乗って来た関東私鉄ローカル線が実に面白かったので、せっかくだから鹿島鉄道にも乗ってみようと思ったのである。

E653系特急フレッシュひたちは全部で5色ある。前回乗った青緑色(グリーンレイク)は霞ヶ浦のイメージで、今回乗った黄色(イエロージョンキルというそうな。ジョンイルじゃないよ)は、海浜公園のスイセンをイメージしているとのこと。あと3色にうまいこと乗れるといいな。

Dsc01481

石岡で降りるとすでに鹿島鉄道発着ホームは予想通り賑わっている様子。はるかに長いJR線のホームのほうが閑散としている。跨線橋を渡って鹿島鉄道発着ホームに降りると、いるわいるわ鉄、鉄、鉄…鉄だらけ。まあ、私もそうだけどネ(苦笑)。いつものように乗りにきたお年寄りたちも、あまりの人の多さに吃驚している。

Dsc01489

オレンジラインのキハ431形とグリーンラインのキハ432形の2輛編成が入線してくると、鉄たちはいっせいに一眼レフやデジカメ、ハンディカムを構えて、撮る、撮る、撮る!

Dsc01496

車内はまるでラッシュアワーのような混雑ぶり、それでも気動車が走り出すとあちこちで撮影が始まる。先頭部分には筋金入りの鉄氏が、まるで獲物を追い詰める猟師のような気魄を放射し乍ら、始発から終点までビデオ撮影に没頭していた。もうひとりの鉄氏は先頭部分にどっかと座り込み、終点まで腕組みをし乍ら微動だにせず前方を見つめていた。きっと万感胸に迫るものがあるのだろう。

それにしてもなんと郷愁に満ち満ちた車輌だろう。1957年東急車輌製造というから当然か。なんといっても網棚が正真正銘の網。

Dsc01503

懐かしい木の床で、子どもの頃にタイムスリップしたような気がする。

Dsc01511

天井を見上げれば、かわいい扇風機が乗客を見下ろしている。

Dsc01510

全体的にこじんまりとした、なんともかわいらしい車輌ではないか。

Dsc01521

2輛編成気動車は常陸小川を過ぎると霞ヶ浦の岸辺を走る。初めて霞ヶ浦を見たけど大河のような大きさ。

鉄のみなさんはいろいろと都合があるらしく、途中駅で乗ったり降りたり忙しそうだ。よく見るとみんな「鹿島鉄道一日乗車券」を手にしている。この点、私はインチキ鉄なので、石岡から鉾田までの片道切符でただただ終点まで乗るだけである。

線路沿いのあちこちには大量の鉄が撮影のために待機しており、線路沿いの田んぼの畦や踏切附近に、カメラと三脚の花が咲き誇っていた。

Dsc01515

JR常磐線 上野〜石岡
  ↓
鹿島鉄道 石岡〜鉾田

« 鉄の伝承 | トップページ | 鉾田〜新鉾田経由 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島鉄道から:

» PASMO(パスモ)が始まるけどSuica(スイカ)は? [今日のこれ!]
PASMO(パスモ)が3月18日から、いよいよサービス開始されますね! これまでパスネットを使っていて、毎回カードを買い換えるのに不便を感じていました。 [続きを読む]

« 鉄の伝承 | トップページ | 鉾田〜新鉾田経由 »