2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 関東地方ローカル線の旅(2) | トップページ | イイ顔してます »

関東地方ローカル線の旅(3)

那珂湊から勝田に戻り、常磐線に乗り換えて友部から水戸線で下館まで行き、さらに関東鉄道常総線に乗り換えて終点の取手へ向かう。このまま勝田から常磐線に乗っていれば取手に着くのだが、敢えて関東鉄道常総線を完乗、つまり友部から西南方面にぐるっと迂回して常磐線に合流するというコースである。

さすがに疲れが出たようで、うとうとしているうちに電車は友部から水戸線に入り、ふと気がつくとあたりの景色は山里に変わっていた。このまま乗っていれば小山から佐野を経て、両毛線に接続して桐生、前橋、高崎に着く。いっそのこと小山で両毛線に乗り換えて佐野まで行き、佐野から東武佐野線終点の葛生まで行き、折り返して館林から久喜に出て、そのまま東武伊勢崎線で都心に戻ろうかとも考えた。または下館から真岡鐵道に乗るのもいいかなあ、とも考えたが、今日は初志貫徹ということにして、真岡鐵道は次回に譲ることとした。

下館で降りて、これまた駅のはじっこにある関東鉄道常総線乗り場に向かうと、新型車輌のキハ2200形がちんまりと短いホームに停まっていた。ここから一両編成の気動車に乗り終点の取手まで1時間半の旅だ。とはいえ下館〜水海道までは単線だが、水海道〜取手間が複線化されている。直通運転もあるが多くは水海道で車輌交換が行なわれ乗客も乗り換える。

Dsc01470

下館を出て太田郷、黒子、騰波ノ江を経て水海道で取手行きに乗り換えるが、ここで特筆すべきは騰波ノ江の駅舎だ。あまりの古さに風格すら漂っていて壮観。駅に停車したときにあまりの素晴らしさに呆然としてしまい、走り出した車窓から慌てて撮影したので変なアングルになっているが、その素晴らしさがお分かりになるだろうか? 調べてみたら1926年開業時の駅舎がほとんどそのまま残されているとのこと。さすが関東の駅百選に選ばれているだけのことはある。いやあこれだけでもわざわざ迂回しただけの価値はあった。

Dsc01473

このあたりからキハ2200形は平坦な関東平野をひた走る。下妻、水海道を過ぎて守谷のあたりから駅舎も立派になってゆく。下妻で上りと下りがすれ違う。駅舎も格段に立派?で乗降客も比較的多い。

Dsc01474

水海道で2両編成に乗り換えふたたび取手に向かって走り出す。守谷は首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)との乗り換え駅なので立派だった。戸頭あたりから周囲の風景も住宅街に変わってゆく。下館〜水海道間は駅も沿線風景もローカル色濃厚だが、水海道〜取手間は新興住宅地が目立つ。やがてキハ2200形は終点の取手に到着し常磐線に乗り換える。おお、ホームの端には東京メトロ千代田線代々木上原行きが停まっているではないか。ここはもう東京への通勤圏なのでローカル気分はきれいさっぱり無くなった。常磐線で金町まで行きここで京成金町線に乗り換える。

Dsc01478

京成金町線は京成金町、柴又、京成高砂のわずか3駅しかない短い路線。京成高砂で京成押上線に乗り換え、地下鉄を乗り継いで帰宅。最寄りの駅に降りたときにはちょうど午後の7時過ぎ。所要12時間の関東地方ローカル線の旅でありました。(完)

★今回乗りつぶした路線
JR常磐線 上野〜勝田  茨城交通湊線 勝田〜阿字ケ浦
JR水戸線 友部〜下館  関東鉄道常総線 下館〜取手
京成金町線 京成金町〜京成高砂

« 関東地方ローカル線の旅(2) | トップページ | イイ顔してます »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

またまた、楽しい旅行記をありがとうございます。

すっかり他人事のような物言いをしてますが、
管理人さんも、立派な工作員に見えていたと思いますよ。

駅員さんに乗り換えを見透かされてしまった所がその証拠。
(笑)

鉄には独特の雰囲気があります。鉄に限らずマニア、おたくに共通する雰囲気ですね。私の守備範囲の映画館や寄席にも、そういう連中はゴマンといますよ(笑)

北関東のローカル線は平地を走る独特の雰囲気がありますね。長野の信越線、飯山線、小海線、しなの鉄道とはまた違った面白さです。憧れの篠ノ井線に乗ってスイッチバックを堪能したいなあ。

う~ん…、“○○好き”と“○○オタク”の一線はどこにあるんでしょう?

篠ノ井線の旅、どの季節もそれなりに楽しめると思いますが、ワタクシは、山桜が咲き始める頃をお勧めします。
古びた駅舎と、その脇に控え目に咲く桜のコンビネーションが良いですよ。個人的に春と桜が好きなので…
壮行会か反省会か、ご一緒出来たら良いなぁ。

つたえつ様
○○好きは目の前のものしか見えてませんが、○○オタクは用意周到、小さなものも見逃しません。

>篠ノ井線の旅、どの季節もそれなりに楽しめると思いますが、
それじゃ春になったらさっそく出かけてみますか。まずは下調べということで…

壮行会や反省会もいいけど、どうせならツアコンやってくれませんかね(笑)。
ギャラは出ないけどアゴアシ付きで、お弁当くらい用意しますよ。

>どうせならツアコンやってくれませんかね(笑)。

ははは。こんな姥桜でよろしければ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関東地方ローカル線の旅(3):

« 関東地方ローカル線の旅(2) | トップページ | イイ顔してます »