2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 香取乗換銚子行き | トップページ | 鉄道と私 »

鹿島鉄道風景点描

石岡駅鹿島鉄道ホームの屋根がすばらしい。梁といい屋根板といい木組みの美しさに魅せられる。

Dsc01498_1

危険物持ち込み禁止の琺瑯看板。火薬、マッチはともかく「揮発油」というところが時代を感じさせる。

Dsc01490_1

くず入れもこのとおり。ペットボトルなんてものは存在しない。

Dsc01491_1

待合室のなかにある地元の酒造会社の看板だが、なぜ英文? 外人観光客にアピールしたかったのか。

Dsc01493_1

高圧2万ボルトはたしかに危険。こんなふうに具体的に書いてあると危険さが肌身に感じられる。科学の時代だったんだなあ。

Dsc01499_1

鉾田駅はいまでは半分しか機能していないようだ。現在の改札と窓口、事務所部分以外は倉庫になっているようで、正面向かって右側の小屋は、現在は鉄道模型展示ギャラリーになっている。

Dsc01523_1

駅舎正面右側の自動販売機設置スペースの裏には、かつての切符売場の窓口が隠れていた。二箇所の窓口が往時の賑わいを忍ばせている。

Dsc01528_1

Dsc01527

駅舎じたいは切妻屋根の伝統的な日本建築だが、駅の天井や窓枠、看板に白ペンキが塗られていて、アメリカっぽい感じがする。

Dsc01529

Dsc01539

STATION HOKOTA という英文が隠し味。そういえば茨城らしい荒涼とした平原風景も、なんとなくアメリカを思い起こさせる。

Dsc01530

« 香取乗換銚子行き | トップページ | 鉄道と私 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島鉄道風景点描:

« 香取乗換銚子行き | トップページ | 鉄道と私 »