2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 犬神家の一族 | トップページ | 犬神家の一族(3) »

犬神家の一族(2)

竹子の夫・犬神寅之助は岸部一徳(前作は金田龍之介)が演じている。デブの金田龍之介からヤセの岸部一徳という対比が面白い。遺産相続に執着が薄いという印象だが、実はそのうちに狂的な執着心を秘めているという、複雑な性格を演じて絶妙。さすが巧いねえ。そういえば前作では役名が寅之助で役者が龍之介というシャレか?

梅子の夫・犬神幸吉は蛍雪次朗だが印象は薄い。もともと前作の小林昭二もうだつのあがらない入り婿という設定なので、そういうところは前作を踏襲している。前作で小林昭二が見せたふすまの演技(ご存じかな)が省略されているところが惜しい!

犬神家財産相続権者その1・犬神佐清は尾上菊之助(前作はあおい輝彦)。戦争で顔面を損傷しゴムの仮面を被ったあの佐清だ。仮面を被っているので演技も何もない、というところだが、前作に比べてより気味の悪い雰囲気を醸し出しているあたりは評価できる。ぜひ映画をご覧になってもらいたい。

犬神家財産相続権者その2・犬神佐武は葛山信吾。前作は地井武男が演じていた、ということは意外に知らない人が多いかも知れない。地井武男がブレイクしたのは前作からだいぶ後のことだからね。気持悪さではいい勝負かもしれないが、武骨な地井武男よりも葛山信吾のほうがやさ男なので、そのへんで損?をしているかも。

犬神家財産相続権者その3・犬神佐智は池内万作。前作はパッとしない役者の川口恒だから池内万作のほうが良い? いやいやそんなことはありません。たしかに川口恒はパッとしない役者ではあるが、彼の狡猾さと粗暴さ(演技ではない可能性大)は池内万作の及ぶところではない。このへんが作品全体のなかでの評価(認識)というところだ。だからリメイクは難しい。

佐清の実の妹で従兄である佐智の恋人という複雑な役・小夜子を演じたのが奥菜恵。映画のなかで兄と恋人を殺されて、最後は発狂してしまうという汚れ役を演じて評価に値する。徹頭徹尾クールビューティーの体当たり演技はお見事だ。最後はちゃんとデカい食用蛙を抱いてました。気持悪くなかったのかなあ…。ところで前作で小夜子を演じたのは川口晶。川口晶は川口松太郎(小説家)と三益愛子(女優)の娘で、兄が川口浩、川口恒、川口厚という役者兄妹。だから前作で佐智を演じた川口恒は実の兄。長兄の浩は名優として名を成したが恒、厚、晶はパッとしない役者で終わった。

余談だが、川口恒、川口厚、川口晶は揃って大麻所持で逮捕され藝能界から消えた。クスリ三兄妹! 前作のスポンサーでありプロデューサーであり、刑事役で出演して旦那藝を披露した角川春樹も、後に大麻所持で逮捕され角川書店社長の座を追われている。犬神製薬も麻薬製造で巨万の富を築いたという設定になっているから、実は前作はクスリ映画でもあるのだ(笑)

古館弁護士は中村敦夫(前作は小沢榮太郎)。小沢榮太郎の渋さとはいちがいに比較できないが、一貫して名脇役だった小沢榮太郎に対し、中村敦夫はしばらく政治の世界にいたので、そのへんがどうなんだろう。まあただの観客である私にはよくわからない。もともと老けていた小沢榮太郎と、老け役に挑んだ中村敦夫では、その渋さもおのずと違っていることは当然。飄々とした小沢榮太郎のほうが似合っていると思うなあ。

那須ホテルの女中・おはるは深田恭子(前作は坂口良子)だが、これはもうフカキョンには申し訳ないけど坂口良子に軍配を上げよう。フカキョンもかわいくてけなげでいいんだけどネ。私たちの世代にとって、坂口良子のおはるは永久に不滅です! もうほんとにかわいくてかわいくて…前作では石坂浩二と坂口良子は実際の年齢も近く、映画でも金田一耕助に対してほのかな恋心を匂わせる演出がたまらなくよかった。今の石坂浩二とフカキョンではほとんど父と娘だからなあ…

那須ホテルの主人は作家の三谷幸喜。なにしろ前作は原作者の横溝正史翁が飄々と演じていて、演技ともなんとも言えぬ旦那藝だった。これはもう、三谷幸喜が良いとか横溝翁が良いとかそういう問題ではない。なんというか“いてもいなくてもいい”役なのだ。いまどきの映画ファンならこんな場面に三谷幸喜が!と喜ぶことであろうが、横溝正史ブームをモロに経験している私たちの世代にとっては、あの映画であの場面で横溝正史翁があの役を演じているだけで嬉しいのである。

商人宿柏屋の主人は林家木久蔵。この配役は完全に前作の三木のり平を踏襲している。当代随一の名喜劇役者と木久蔵師匠を比べるのが無理というものだ。何気ないしぐさのひとつひとつがどうしようもなく可笑しいという、三木のり平はほんとに凄い役者だったのだ。

今回の配役の妙として柏屋の女房を演じた中村玉緒がいる。前作は沼田カズ子という無名の役者さん。強力にパワーアップした役どころだ。前作ではほとんど存在感のない役だったが、そこは中村玉緒である。金田一耕助とのやりとりでしっかり笑いを取っていた。しかも強引(笑)。

仙波刑事は尾藤イサオ。これはちょっとひねってあって、前作では井上刑事という役を辻萬長が、渡辺刑事という役を角川“スポンサー”春樹が演じていた。もともと刑事役は1人でいいのだが、角川春樹の旦那藝のために2人になったのだろう。

指紋の鑑定をおこなう藤崎鑑識課員は石倉三郎。前作は怪優・三谷昇だったので印象が100%違う。三谷昇は白衣が似合う指紋マニアのマッドサイエンティストぶり全開でハマり役なのだが、石倉三郎は白衣が似合わずちっとも科学者っぽくない。なんとなく指紋鑑定に来た御用聞きみたい。

猿蔵は永澤俊矢、長身でワイルドな野生児である猿蔵、という役どころは前作の寺田稔と同じだ。ああ、なるほどねえ、というくらいの印象かな。

冒頭でさっさと死んでしまう犬神佐兵衛は仲代達矢。臨終シーンのほかには、亡霊のように顔がスクリーンに映るシーン、あとは大広間に掲げられた肖像写真くらいの出番しかない。だからといって一代で財閥にのしあがった怪物的キャラクターだから、仲代達矢くらいの役者じゃないとインパクトは薄い。たとえば西村晃(故人)ならけっこう良い感じではあるが、如何せん小柄だからちょっと違う気もする。小林桂樹でも善人すぎて怪物というイメージはない。だから前作の三國連太郎〜仲代達矢というラインはベストキャスティングなのだ。

前作はいたけど今回は消えた配役のひとつとして「犬神奉公会の人」というのがある。前作を観ていない人にはなんだかわかんないだろう。観ている人もよく憶えていないかもしれない。犬神佐兵衛翁の衝撃的な遺言状が披露されるシーン、小沢榮太郎の古館弁護士が「すべての相続権者が相続権を失うかまた死亡せる場合、犬神家の全事業全財産は、犬神奉公会に全納されるものとす」と読み上げたとき、ババーン!というSEととともにペコリ、と御辞儀をする紋付き袴、黒眼鏡の人物。登場シーンはここだけで映画には何の影響も及ぼさない配役。これもまた“いてもいなくてもいい役”なのだが、私はなんだかこの役が好きなのである。今回は誰がやるんだろう?と興味津々だったのだが、今回はまるまるカットされていてちょっと残念。まあどうでもいいことだが…(続く)

« 犬神家の一族 | トップページ | 犬神家の一族(3) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬神家の一族(2):

« 犬神家の一族 | トップページ | 犬神家の一族(3) »