2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 9月の読書 | トップページ | 風櫃の少年 »

悲情城市

『悲情城市』(1989)を観た。

1945年、長い日本統治が終りを告げ臺灣は解放された。慌ただしく帰国の途に着く日本人たちと、新しい時代を迎えて喜びのなかにも戸惑いをみせる臺灣人。彼らは大陸からやってきた国民党政府たちを歓迎したがやがてそれは深い失望に変る。問屋の長男林文雄(陳松勇)には三人の弟がいる。次男は日本軍に徴用されて南洋に行ったまま行方知れず、三男の文良は精神を病んで帰郷し、四男の文清(梁朝偉)は耳が聞こえず言葉を話せない。

文良は上海からやってきたヤクザと組んで阿片の密輸に手を出すが、それを知った文雄は文良を怒鳴りつけ、やがて旧知の阿城との争うハメになってしまった。何者かの密告により漢奸の汚名を着せられた文良は逮捕されてしまうが、文雄は上海のヤクザたちに頭を下げて文良を救い出してもらう。しかし家に帰ってきた文良は拷問のため完全に気が狂ってしまっていた。

やがて1947年、本省人(臺灣人)と外省人(大陸から来た中国人)が争う二・二八事件が起る。小さな写真館を営む文清は、同居している呉寛榮(呉義芳)とともに戒厳令下の臺北に向かうが、寛榮は大怪我をして帰ってきた。国民党政府は本省人を弾圧しはじめ、ある日文清も逮捕されてしまった。文清は処刑された仲間の遺品を遺族に届ける旅に出て、山奥でゲリラ活動をしている寛榮に出会った。そこで文清は寛榮の妹寛美(辛樹芬)をよろしく頼むと告げる。文雄は賭場で起った諍いに巻き込まれ命を落した。林家にはもう文清しか残っていない。やがて文清と寛美は結婚し男の子が生まれた。

臺灣はあらたな激動の時代を迎え人々は弾圧に怯える。ある日、寛榮たちは国民軍に逮捕され銃殺されてしまう。逃げ延びた男が文清にも逃げることを勧めるが、それも虚しく文清は逮捕され妻と幼い息子を残して消息を絶ってしまった。運命を予感していたかのように文清は家族写真を撮影してから間もなくのことだった。そして1949年、中国大陸では共産党が勝利し、敗北した国民党政府は臺灣を占領し、南方の島国は時代の波に翻弄され続けるのであった。

言葉が話せない文清と寛美は筆談で会話する。兄・寛榮を気遣う寛美の想いは文清への思慕に変ってゆく。筆談で想いを伝えあうふたりの姿は美しい。香港映画のスターである梁朝偉(トニー・レオンという名前のほうが有名だろう)は臺灣語が話せない。しかし侯孝賢監督はどうしても彼を起用したかったのでセリフを話さなくてもいいこの役を与えたという。

この映画の主要なロケ地となった九分(にんべんに分)の街は、いまや『悲情城市』を売りにした観光地である。昨年初めてこの街を訪れたとき、山の斜面に沿って家が立ち並ぶ特異な街並を堪能したが、高台から基隆の街を眺めたときの風景がたっぷりとスクリーンに映し出されて懐かしい気持になる。

戦争がもたらした臺灣の悲劇を、ある家族の悲劇に置き換えて描き出した、まさに現代臺灣映画の傑作。陰翳を駆使した映像がこのうえなく美しい。

« 9月の読書 | トップページ | 風櫃の少年 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲情城市:

« 9月の読書 | トップページ | 風櫃の少年 »