2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« シンジラレナーイ! | トップページ | 50マイル台のスピード表示に笑いが起きた »

冬冬(トントン)の夏休み

『冬冬(トントン)の夏休み』(1984)を観た。

臺北の小学校を卒業したトントンは妹のティンティンとともに祖父の住む銅鑼へ出かける。病弱な母は手術を控えており父は仕事がある。幼い兄妹は地元の少年たちと仲良くなり自然のなかで元気いっぱい遊び回る。『川の流れに草は青々』と同様のプロットでもあり、泥だらけになって遊ぶ子どもたちの描写と演出はお手のもの。

母の病気と手術が幼い兄妹の心に不安な影を落し、母の両親も同様に心を痛める。トントンたちの叔父(母の弟)は恋人を妊娠させてしまったことがバレて両親から家をたたき出される。村の開業医で頑固なおじいさんを演じる古軍が良い味わい。ちょっと嵐寛寿郎に似てるし。

村にはちょっと頭の弱い寒子(楊麗音)という女がいて、いつでも変な格好をして日傘をさして歩き回っている。村の雀取りの男がこの寒子にちょっかいを出して妊娠させてしまい、おじいさんたちは激高する父親をなだめる。そんな周囲の心配をよそに寒子はいつものように歩き回る。ある日、線路で転んでしまったティンティンは間一髪のところで寒子に救出された。それからしばらくして寒子は樹から落ちて流産してしまった。

夏休みのあいだ、幼い兄妹は村の子どもたちとの友情を育み、不思議なおとなたちの世界を垣間見た。やがて母の手術は無事成功し臺北から父親が迎えに来た。途中で車を降りたトントンは村の子どもたちに別れを告げ、また来年も来るからね!と叫び臺北へと戻っていった。ちなみに父親役を演じているのは、侯孝賢監督と同世代で臺灣映画界の名匠エドワード・ヤン(楊徳昌)監督。

ラジコンカーと亀を交換してくれたトントンのもとに、村の子どもたちがみんなで亀を持参する場面がおかしい。亀なんかそんなにたくさんいらないよ(笑)。

« シンジラレナーイ! | トップページ | 50マイル台のスピード表示に笑いが起きた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬冬(トントン)の夏休み:

« シンジラレナーイ! | トップページ | 50マイル台のスピード表示に笑いが起きた »