2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 志らく百席 | トップページ | 夏の読書 »

秋の注目映画情報(偏向)

東京名物カルト映画特集上映 in シネマ・ヴェーラ渋谷

◆妄執、異形の人々 期間:9/2〜29
上映作品は『黒蜥蜴』『九十九本目の生娘』『くノ一忍法』『獣人雪男』『マタンゴ』『盲獣』『好色源平絵巻』『怪猫トルコ風呂』『犬神の悪霊』『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』『おんな獄門帖 引き裂かれた尼僧』『ゆきゆきて、神軍』……タイトルを眺めているだけでぐったりしてしまいます。確認してみると、私は今回の上映作品のうち半分くらいは観ていました。私もこまめによく観てるもんだなあ(苦笑)……全部観てたらマニア、全作について語りまくるのがヲタク、私なんかただの邦画ファンでございます。

臺灣映画界の名匠・ホウ・シャオシエン(侯孝賢/Hou, Xiaoxian)監督特集上映 in シネマ・ヴェーラ渋谷

◆ホウ・シャオシエン映画祭 期間:9/30〜10/20
上映作品は『童年往時』『風櫃の少年』『恋恋風塵』『冬冬の夏休み』『悲情城市』『戯夢人生』『憂鬱な楽園』『好男好女』『ミレニアム・マンボ』……このラインアップ、今からゾクゾクしてしまいます。全17本のうち『恋恋風塵』『風櫃の少年』『冬冬の夏休み』『悲情城市』『戯夢人生』の5本は個人的に必見。 

こちらは池袋の雄・新文芸座の時代劇特集続編

◆第2回時代劇(チャンバラ)グラフティ 期間:9/9〜22
上映作品は『侍』『斬る』『座頭市物語』『丹下左膳餘話 百万両の壺』『十三人の刺客』……時代劇ファンにはこたえられないラインアップです。でも私はホウ・シャオシエン映画祭に備えてこっちはパスかな……1本くらい観るかもしれないけど。


中国滞在中にテレビを観ていると映画『東京審判』(東京裁判)のCMがこれでもかとばかりに流れていた。一瞬、邦画かと思ったがそんなわけはなく、いま中国で話題の最新映画である。裁判の最中、大川周明が前に座っている東条英機のハゲ頭をピシャリ、と叩くシーンまで再現されているのが凄い。もちろんそんなくだらぬことに喜んでいる場合ではないのだが、うーん、これ日本で公開されないのかなあ……

Dsc00063


« 志らく百席 | トップページ | 夏の読書 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の注目映画情報(偏向):

« 志らく百席 | トップページ | 夏の読書 »