2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 吸血鬼ゴケミドロ | トップページ | 秋の注目映画情報(偏向) »

志らく百席

昨夜は横浜にぎわい座にて『志らく百席』を聞く。仕事を終えて桜木町に着いたのはもう開演まぎわ。いそいそとテケツを潜り、今夜の演目は『明烏』なので甘納豆を買いに行くと、売店で堀井憲一郎に遭った。遭った、って知り合いじゃないけど。寄席や落語会で堀井憲一郎に遭遇するのはこれで何度目だろう。 さすが日本一の客席王だけのことはある。しかもいつも真っ赤なシャツを着ている。赤シャツにサンダル履き。それがどうした。堀井憲一郎はお煎餅を買っていましたとさ。

客席は九分の入り。コアな志らくファンらしい客、あまり志らくなんか知らなそうな年輩の客など客層いろいろ。前座は立川志ら乃で『寄合酒』、マクラも噺も上出来で面白い。巧いなあ。続いて志らく登場。高校野球は野暮だ、というマクラがやたらと可笑しい。師匠の談志が大師匠の五代目柳家小さんと戯れるエピソードも味わい深い。談春とはまた違った天才ぶりを如何なく発揮して『たらちね』を演じる。乱暴者の八五郎に嫁いできたのは、まるで平安時代のお姫さまのような馬鹿丁寧な言葉遣いのお嬢様。前半は新妻を迎える準備でおおわらわ、嬉しさに胸をときめかせるところの描写が可愛いくて可笑しい。後半、新妻の「あ〜ら吾が君」攻撃に身も心も悶え苦しむ。客席はもう爆笑の渦である。

続いて大ネタ『明烏』、マクラで「名人桂文楽師匠のような藝を私に期待しないでください」と振ってから噺に入る。私は古今亭志ん朝の「明烏」が大好きなのだが、志らくの「明烏」は文楽〜志ん朝の藝を継承しつつも、ちゃんと志らくの「明烏」になっているところが凄い。志ん朝は、世間知らずの若旦那を朴訥で愛らしく演じていたが、志らくは……これじゃ松竹新喜劇、藤山寛美のアホぼん(笑)、可笑しいのなんの。

膝替わりは三味線漫談の三遊亭小圓歌。寄席よりもたっぷりと藝を披露して客の喝采を浴びている。野郎ばっかり出て来る落語会には絶妙の配役。三席目の『宿屋の仇討』になるとさすがに志らくも疲れている、かと思いきや、河岸の若い衆の大騒ぎをたっぷりと演じて楽しませてくれる。うーん、志の輔といい談春といい志らくといい、立川流はほんとに良い藝人を排出しているなあ。

« 吸血鬼ゴケミドロ | トップページ | 秋の注目映画情報(偏向) »

落語・演藝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志らく百席:

« 吸血鬼ゴケミドロ | トップページ | 秋の注目映画情報(偏向) »