2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 金曜日の夜に同僚たちと呑みに行くのは正しい勤め人らしいと思う | トップページ | 古川日出男はいま最高にクール&ホットでロックンロールなブンガクである »

立ち食い沖縄そば

ちょっと用事があって町田に行こうと思ったら東急田園都市線が人身事故で不通。改札の前に人が群がっているので、何かイベントでもあるのかなと思ったらそういうことだった。しかたがないので南武線で登戸まで出て小田急線に乗り換えることにした。振替切符を貰って電車に乗り登戸で降りたら驚いた。JR登戸駅の駅舎がきれいに建て替えられていたのである。

暫く前から改修工事をしていたのは知っていたが、こうも激変するとまったく驚いてしまう。国鉄時代の名残りを濃厚に残していた、あの野暮ったい駅舎も改札口もきれいさっぱり無くなり、おまけに駅前のバラック街を彷彿とさせる呑み屋も蕎麦屋も消滅していた。小田急線への連絡通路から眼下の景色を見下ろして暫し呆然としていると、一軒の立ち食い蕎麦屋が目に入った。何の変哲もない立ち食い蕎麦屋なのに、沖縄そばの幟が風にはためいている。立ち食いで沖縄そば? ちょうど小腹も空いていたときだったので、誘われるようにふらふらと店に足を踏み入れる。

沖縄を思わせる装飾はみじんも無いふつうの立ち食い蕎麦屋。しかし券売機には天ぷらそば、月見そばというお馴染みのメニューといっしょに沖縄そばのボタンがあり、カウンターの隅っこでは外回りとおぼしきサラリーマンが沖縄そばを啜っている。注文してから待つこと数分、店のオバチャンが「沖縄そば、お待ちどうさまです」とカウンター越しに手渡してくれたのは紛れもなく沖縄そば。スープも美味しく、細ネギ、紅ショウガ、薄切りのさつま揚げ、やや小ぶりだがソーキ肉も入っている。沖縄料理屋で出て来るようなちゃんとした沖縄そば。これで480円は安い。カウンターには七味唐辛子の小瓶といっしょにコーレグース(島唐辛子の泡盛漬け)の瓶も置いてある。思わぬところに思わぬものがあるものだ。

私はそもそもこの店があることは知っていたが、入ったことはおろかちゃんと店を眺めたこともない。なぜかというと以前この店があった通りは、駅前通りではなくごちゃごちゃした露地裏にあったので、乗り換えで駅前を通るようなフリの客にはまったく知られていなかった。たぶん地元の人しか知らない、知る人ぞ知る店だったのであろう。それがこの駅前の再開発で露地裏から駅前一等地に変貌した。なにしろ乗り換えデッキから丸見えという一等地に沖縄そばの幟がはためいていれば、そりゃあ誰だって入ってみたくなるというものだ。しかも立ち食い蕎麦屋だし。というわけで登戸にお越しの際はぜひ一度ご賞味ください、ってふつうの人は登戸に用事なんかないよなあ(笑)

« 金曜日の夜に同僚たちと呑みに行くのは正しい勤め人らしいと思う | トップページ | 古川日出男はいま最高にクール&ホットでロックンロールなブンガクである »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155421/12023037

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち食い沖縄そば:

» 泡盛を“世界の酒”に マイスター協会  [酒ブログ情報トラックバックセンター]
泡盛マイスター協会は県庁を訪ね、同協会で初の海外地区本部となる米国地区本部をハワイ州ホノルルに設立し、2007年4月に「外務大臣杯泡盛カクテル・コンテスト」を開催することを報告した。新垣会長は「泡盛を世界に広める好機」と強調し、県の積極的な取り組みを要請した。 ... [続きを読む]

» 立ち食い [フード店の知識]
立ち食い立ち食い (たちぐい) とは、客に席を用意せずに立って食べる形式で軽食を提供する飲食店。日本で最もポピュラーなのは立ち食いそば・うどん店だが、その他にも焼き鳥、おでん、串揚げなど多様な料理が立ち食いとして提供されているが、性質上注文から調理に時間のかかる料理は少ない。また、酒類を出す立ち飲み...... [続きを読む]

« 金曜日の夜に同僚たちと呑みに行くのは正しい勤め人らしいと思う | トップページ | 古川日出男はいま最高にクール&ホットでロックンロールなブンガクである »