2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 巨星、墜つ | トップページ | 散歩と古本と立ち呑み »

アカルイミライ

ようやく仕事が一段落していつもより早めに退勤、といっても七時過ぎだが。帰途古本屋に寄って大道珠代『しょっぱいドライブ』など購う。

この頃からなんだか脚に違和感を覚えていたが、駅の階段を登るときに膝がガクガクしているのに気づいた。今日も一日あっちこっちと駆け回っていたせいかもしらんが、そんなに酷使したっけかなあ? 家までの道のりがけっこうきつかった。歳のせいかしらん、トホホ。

親友よりメール来。第二子懐妊との知らせに喜ぶ。長男に続いてこんど生まれてくる子も、赤ん坊の頃から手なずけておかねば。将来、行き場がなくなったら親友宅の庭の隅っこに住わせてもらう約束なので、子どもたちに愛される爺さんになっておく必要があるのだ(笑)

「おじいちゃん、ご飯だよ、早くおいでよ」
「いつもすまないのお、、、」
「それは言わない約束でしょ(笑)」

ちょっと楽しみ。

« 巨星、墜つ | トップページ | 散歩と古本と立ち呑み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

管理人さん

おはようございます。
私も8月にはとうとう「ジイジイ」になるんですよ。
初孫なんですが、それがなぜか嬉しいと言う実感が湧かないんです。オジンがいつまも旭節やタイガースに取り付かれていると変でしょうかねえ(笑)

この前「泥の河」をBSで見ました。昭和31年(小生・小学一年)を背景に、主に少年同士の交流を通じた下町の人情が描かれていましたが、リアルタイムで見た時から今回まで、原作者(宮本輝氏)の言いたい事が理解出来ないのが情けなくもあり恥ずかしいんですよ。

殿山さんが、少年にスイカをほうり投げた後の一言には笑いましたけど…


昨夜から当地では「蛍の夕べ」という名称、(日本庭園をナイター営業し、飛び交う蛍を鑑賞してもらうものです)で、毎年恒例のイベントが始まりました。気候のせいでしょうか?今年は例年に比べて蛍の数も少なくなりましたねえ。

さて、今夜も出勤です。お客さんに喜んで頂ければいいんですが?


松岡さん

初孫誕生予定とはめでたいことですね。ウチの老母は孫どころか、息子たちがいつまでも結婚しないのでもう諦めているようです。

そうそう、殿山泰司が一瞬出てきましたネ。セリフを失念してしまいましたが、何て言ったんでしたっけ?

蛍といえば私が子どもの頃は近所の田んぼ一面に蛍が飛び交ってそれは綺麗でした。いまではすっかりいなくなってしまったようで寂しい限りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/155421/10367595

この記事へのトラックバック一覧です: アカルイミライ:

« 巨星、墜つ | トップページ | 散歩と古本と立ち呑み »