2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 妖しき密林 | トップページ | 生田の丘にピアノは燃えた »

This is a pen、なんだバカヤロー

薬師院仁志『英語を学べばバカになる グローバル思考という妄想』(集英社新書)を読む。

小学校で英語の授業を取り入れ子どもたちの英語能力を向上させようと、日本の教育をどんどんダメにしている文部科学省があらたな施策を打ち出した。英語の授業が小学校に取り入れられるのである。これだけを取ってみたら特段悪いことだとは思えない。まあそういうのもありだわなあ、と思う。しかし私にはとても短絡的な調子のいい施策なのではないか、と思える。

早い話が、中学校から高校と六年間英語を学んでも会話ひとつできないのは如何なものか、大学を卒業しても英会話ができないやつらばかり、これではグローバル化する国際社会に対応できない、だから社会人になっても英会話学校に通う社会人が後を絶たない、だから小学生の頃から英語に接する機会を増やし、身体に英語を覚えさせようということだ。

外国語の勉強なんぞ必要になったらやればいいのである。英語ができなきゃ出世できない会社に入るなら、はじめから英語を学んでスキルを身につければいい。外国語で会話するために一番必要なことは母国語の能力なのだ。日本語表現、文法能力があり、語彙が豊富で、じぶんの伝えたいことを表現し、相手の言っていることを理解し、また言わんとすることを理解する能力。これらがきちんとできる人は、たとえ外国語の発音がしょうしょういいかげんでもネイティブのような表現ができなくても、優れたコミュニケーターとしてやっていける。

日本語能力すらおぼつかない日本人がいくら英会話を学んだとしても、よほどの努力と才能がなければいわゆる国際社会で通用するような人材には育たない。だいじなのはふだんの日本語の文章表現能力やコミュニケーション能力、想像力を豊かにすることだと思う。そっちが先だろう、文部科学省。

東京都教育庁が、職員会議で教職員による「挙手」や「採決」を行ってはならない、と都立高校に向けて通知した。教育現場から議論を排除して何が早期英語教育か。議論や思考を伴わない自己表現など存在しない。そんな社会で小学校で英語教育を導入しても無意味だとは思わないのかね?

« 妖しき密林 | トップページ | 生田の丘にピアノは燃えた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: This is a pen、なんだバカヤロー:

« 妖しき密林 | トップページ | 生田の丘にピアノは燃えた »